Dockerとは?意味をわかりやすく解説

Dockerとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


Dockerとは

プログラミングに関係する専門用語「Docker(ドッカー)」とは、アプリケーションやサービスを独立したコンテナとして実行するためのプラットフォームです。

Dockerを使うことで、アプリケーションやサービスを環境に依存しない形で実行し、開発者や運用担当者が簡単にアプリケーションの構築・実行・移植・削除などを行うことができます。

Dockerは開発・テスト環境の整備、アプリケーションのデプロイ、スケーラビリティの向上、サービス提供の高速化など、さまざまな場面で活用されています。

Dockerでできること

Dockerでできることは以下の通りです。

環境構築が容易になる

Dockerを使うことで、アプリケーションの実行に必要な環境を含めた一式をコンテナにまとめることができます。そのため、開発環境の構築や切り替えが容易になり、開発者は自分の環境で安心して開発を進めることができます。

環境の再現性が高くなる

Dockerによって作成されたコンテナは、同じ環境であれば必ず同じ動作をします。そのため、開発者同士やチームでの開発の共有が容易になり、エラーの発生を減らすことができます。

複数のアプリケーションを同時に動かすことができる

Dockerを使うことで、複数のアプリケーションを同時に動かすことができます。これによって、複数のアプリケーションの組み合わせや動作確認が容易になり、アプリケーションの開発やテストをより効率的に進めることができます。

以上が、Dockerでできることの一例です。

Dockerの学習・勉強方法

Dockerの学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

公式ドキュメントを参照する

Dockerには公式ドキュメントがあり、初心者から上級者まで必要な情報が網羅されています。特に、入門者向けのチュートリアルやコマンドの解説など、基礎的な知識を身につけるための情報が豊富に揃っています。

オンラインコミュニティの活用

Dockerを学習するための情報は、オンラインコミュニティでも豊富に共有されています。Dockerに関するQ&Aサイトや、Slackチャンネル、Discordサーバーなどがあり、ほかのユーザーからのアドバイスや知識共有ができます。

実践的なプロジェクトの実施

Dockerを学習する上で非常に有効なのが、実践的なプロジェクトを実施することです。たとえば、WebアプリケーションをDocker化したり、Dockerコンテナを用いたマイクロサービスアーキテクチャを構築したりすることが挙げられます。

Dockerのメリット

Dockerのメリットは以下の通りです。

環境構築が簡単になる

Dockerを使用することで、環境構築が簡単になります。必要なライブラリやパッケージなどを一度にまとめて取得できるため、手間が省けます。

環境の再現性が高い

Dockerを使用すると、複数の開発環境を仮想的なコンテナとして作成してひとつの物理的なマシン上で再現できます。同じ環境で開発することで、不具合やエラーを回避することができます。

コンテナ単位でアプリケーションを管理できる

Dockerを使用することにより、コンテナ単位でアプリケーションを管理できます。各コンテナは独立して動作するため、アプリケーションのバージョン管理やテスト、運用管理が容易になります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

Dockerのデメリット

Dockerのデメリットは以下の通りです。

初回の起動が遅い

Dockerは、コンテナを起動する際にイメージの読み込みが必要です。そのため、コンテナの起動に時間がかかることがあります。
ただし、一度イメージを取得したあとは、同じイメージを再利用できます。したがって、一度イメージを取得した後のコンテナ起動は通常、高速に行われます。

3. セキュリティの懸念がある

Dockerはコンテナを仮想化することで、アプリケーションの隔離を実現しています。しかし、セキュリティの脆弱性がある場合、コンテナからホストOSへの攻撃が可能になることがあります。
このような攻撃を防ぐためには、Dockerのセキュリティのベストプラクティスを遵守する必要があります。また、Docker自体のセキュリティアップデートやセキュリティ機能の有効化も重要です。

Dockerの例

Dockerの例は以下の通りです。

コンテナの作成

Dockerを使用すると、仮想環境であるコンテナを作成できます。たとえば、Webアプリケーションを開発する場合、開発環境と本番環境の違いが問題となります。Dockerを使えば、開発環境と本番環境の環境差異を排除できます。

コンテナの共有

Dockerはコンテナを共有することも可能です。たとえば、別の開発者が開発したアプリケーションの動作環境を知りたい場合、Dockerを使ってその環境を再現できます。

コンテナの実行

Dockerを使うと、コンテナを簡単に実行できます。たとえば、開発したWebアプリケーションをDockerを使って実行することが可能です。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する