MicrosoftがVisual Studio CodeのAI Toolkitを発表。ローカルAIモデル実行とアプリ開発を効率化

MicrosoftがVisual Studio CodeのAI Toolkitを発表。ローカルAIモデル実行とアプリ開発を効率化

公開: 更新:


【時間がない人向け】記事の要約

  • Visual Studio Code の機能「AI Toolkit」に関する主要機能を紹介
  • Port Forwardingによる外部通信の実現
  • Phi-3モデルを使用したAPI実装例を解説
  • AIアプリケーション開発の効率化を促進

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

AI Toolkitの革新的機能と開発効率化

AI Toolkitは、ローカル環境でのAIモデル実行を可能にする画期的なツールだ。事前に最適化されたモデルを使用し、Windows 11やLinux上でDirectMLやNVIDIA GPUを活用することで、高速な処理を実現する。これにより開発者はクラウドリソースに依存せず、自由度の高い開発環境を構築できるようになった。[1]

また、ユーザーフレンドリーなプレイグラウンドやREST APIを通じて、モデルのテストや統合が容易になった。この機能により開発者はアプリケーションへのAI機能の組み込みをスムーズに行えるようになり、開発サイクルの短縮化につながる。さらにPhi-3やMistralなどの人気SLMを、ローカルまたはクラウド上でファインチューニングできる点もAI Toolkitの大きな特徴と言えるだろう。

ローカル実行 テストと統合 ファインチューニング デプロイメント
主な特徴 事前最適化モデル プレイグラウンド SLMのカスタマイズ クラウドor端末
対応環境 Windows/Linux REST API ローカル/クラウド 柔軟な選択
メリット 高速処理 開発効率向上 性能向上 用途に応じた選択

Port Forwarding(ポート転送機能)とは

Port Forwardingとはネットワーク通信において、特定のポートを介してデータを転送する技術のことを指す。主な特徴として以下のような点が挙げられる。

  • 内部ネットワークと外部ネットワーク間の通信を可能にする
  • 特定のサービスやアプリケーションへのアクセスを制御できる
  • セキュリティを維持しつつ、必要な通信のみを許可する
  • ファイアウォールやルーターの設定で実装可能
  • IoTデバイスやサーバーの遠隔管理に活用される

Visual Studio CodeのAI Toolkitにおいて、Port Forwardingは外部アプリケーションとLLM/SLMとの通信を可能にする重要な機能だ。デフォルトでポート5272が使用され、開発者は必要に応じて追加のポートを設定できる。これによりAIモデルとの柔軟な連携が実現し、多様なアプリケーション開発シナリオが可能となる。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

Phi-3モデルを活用したAPI実装の実践例

Pythonを用いたAPI実装ではOpenAIライブラリを活用し、ローカルで動作するAIモデルとの連携を実現している。リクエストボディにモデル名や温度パラメータを指定することで柔軟な応答生成が可能だ。さらに、StreamlitフレームワークによるWebアプリケーション開発例も示されており、対話型AIインターフェースの構築方法が具体的に解説されている。

trends編集部「K」の一言

AI Toolkitの登場により、AIアプリケーション開発における障壁が大幅に低下する可能性がある。ローカル環境でのモデル実行やファインチューニングが可能になったことでクラウドサービスへの依存度が減少し、開発コストの削減やデータプライバシーの向上につながるだろう。一方で、ローカルリソースの制約や大規模モデルの扱いに関する課題も残されており、これらの解決が今後の課題となる。

新機能として、マルチモーダルAIモデルの統合やエッジデバイス向けの最適化機能の追加が期待される。これらの機能が追加されると、画像認識や音声処理を含む複合的なAIアプリケーションの開発が容易になり、IoTデバイスでのAI活用も促進されるだろう。また、モデルの解釈可能性を向上させる機能や自動的なモデル選択・最適化機能の実装も、開発者の生産性向上に影響すると考えられる。

Visual Studio AI Toolkitの今後の発展に期待される点として、ソフトウェアやツールキットの機能をコミュニティによって拡張・強化する仕組みの構築が挙げられる。オープンソースプロジェクトとの連携やサードパーティ製AIツールとの統合を促進することで、ツールキットの機能がさらに拡充される可能性がある。また、教育機関や研究機関との連携を強化し、最新のAI技術を迅速にツールキットに反映させることも重要な成長戦略となるだろう。

AI ToolkitはAI開発者や企業にとって大きな恩恵をもたらす一方で、AIモデルの利用に関する倫理的な配慮やガバナンスの確立が重要な課題となる。開発者はAIの公平性や透明性を確保するための最適解について学び、実装する必要がある。また、AIモデルの誤用や悪用を防ぐための安全対策やコンプライアンス機能の強化も、ツールキットの信頼性向上に不可欠だ。

References

  1. ^ Microsoft Teams Blog. 「 Visual Studio AI Toolkit : Building GenAI Applications 」. https://techcommunity.microsoft.com/t5/educator-developer-blog/visual-studio-ai-toolkit-building-phi-3-genai-applications/ba-p/4179355, (参照 24-07-09).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する