VC++とC++の違いをわかりやすく解説

VC++とC++の違いをわかりやすく解説

公開: 更新:

VC++とC++の違いについて、具体例を交えたり比較したりしながら、以下を解説していきます

  • VC++とC++の言語的な違いについて
  • VC++とC++の開発環境の違いについて


VC++とC++の主な違い2つ

VC++とC++の言語的な違いについて

VC++はMicrosoftが提供するC++の開発環境の一部であり、特にWindows向けのアプリケーション開発に特化しています。

C++はオブジェクト指向プログラミング言語で、C言語をベースに拡張された言語です。

例として、C++ではクラスや継承といったオブジェクト指向の機能が導入されており、これにより再利用性や拡張性が高まっています。

VC++はC++の標準規格に加え、Windows環境での開発を助ける多数のライブラリやツールが提供されています。

これに対し、C++は多様なプラットフォームでの開発が可能ですが、gccやCVCのようなコンパイラを使用することが一般的です。

従って、VC++とC++の最も大きな違いは、VC++がWindows環境に特化しているのに対し、とC++はクロスプラットフォームの開発が可能であるという点です。

つまり、開発の目的や対象プラットフォームに応じて、VC++やC++を選択することが求められます。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

VC++とC++の開発環境の違いについて

VC++はMicrosoftが提供するVisual Studioの中で利用できるC++の開発環境として知られています。

C++の開発には多種多様な環境が存在し、gccやCVCなどのコンパイラを利用してコードをコンパイルし実行できます。

例として、VC++はWindows向けのアプリケーション開発を主眼としており、DirectXやMFCのようなライブラリのサポートが強化されています。

対照的に、C++はPOSIX準拠のシステムや組み込みシステムなど、幅広いプラットフォームでの開発に対応しています。

また、VC++の環境ではデバッグやプロファイリングの機能が充実しており、効率的な開発をサポートしています。

C++の環境は、開発者の選択に応じてカスタマイズすできるため、柔軟性が高いと言えるでしょう。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する