【Python】try-except文で何もしない(例外処理をしない)方法を解説

【Python】try-except文で何もしない(例外処理をしない)方法を解説

公開: 更新:

Pythontry-except文は、例外が発生する可能性があるコードをtryブロック内に書き、もし例外が発生した場合にはexceptブロック内のコードが実行される仕組みです。

この構文を利用することで、例外を適切にキャッチし、その例外に対する処理を行なえます。

しかし、例外をキャッチした上で、「特に何もしない」処理を行いたい場面があると思います。

基本的にエラーを無視して、プログラムを続行するために記述するのですが、この場合はexceptブロック内にpassキーワードを使います。



Pythonのtry-except文で何もしない方法

try:
    # 例外が発生する可能性があるコード
    result = 10 / 0
except ZeroDivisionError:
    # 例外が発生しても何もしない
    pass

try:は、例外が発生する可能性があるコードを実行するブロックを示しており、この中にエラーが発生する可能性があるコードを記述します。

result = 10 / 0は、ゼロ除算エラー(ZeroDivisionError)が発生するコード例で、通常このようなエラーが発生するとプログラムは停止します。

except ZeroDivisionError:は、特定の例外(ここではゼロ除算エラー)をキャッチするブロックを示しています。

passは「何もしない」という意味です。passを使用することで、例外が発生してもプログラムの実行を続けられます。

「Python」を学べるコードキャンプのサービス

例外を無視するメリットとデメリット

例外を無視するメリットは、プログラムの実行を継続できる点にあります。

しかし、デメリットとして、エラーの原因を見逃しやすくなる、エラーに気づかなくなる可能性があります。

従って、実際のプログラムでは、「エラーログの記録」や「ユーザーに通知」など、エラー処理を行う必要があります。

また、例外を無視する場合、安全かつ適切であることを確認する必要があります。

例外を無視することによって、「期待外の動作」や「データの損失」を引き起こすかもしれませんので、慎重に判断してください。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する