サーブレットとは?意味をわかりやすく解説

サーブレットとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


サーブレットとは

サーブレットとは、Webサーバーで動作するJavaプログラムの一種です。

クライアントからのHTTPリクエストを受け取り、動的なWebページを生成できます。

サーブレットはJSPと共にJavaEE(EnterpriseEdition)の一部であり、動的なWebアプリケーションを開発するために広く使用されています。

サーブレットでできること

サーブレットでできることは下記の通りです。

ユーザーからの情報を取得

サーブレットはユーザーがWebページにアクセスしたとき、そのユーザーからの情報を取得できます。これにより、ユーザーが入力した情報をデータベースに保存するなどさまざまな処理を実行できます。
また、ユーザーの情報を取得する際は、プライバシーを尊重するために必要な情報以外は取得しないことが重要です。

2. Webアプリケーションを作成できる

サーブレットを使用することで、Java言語をベースとしたWebアプリケーションを作成できます。これにより、さまざまなWebサイトやWebアプリケーションを開発できます。

3. セキュリティ性を高めることができる

サーブレットを使用することで、Webアプリケーションのセキュリティ性を高めることができます。たとえば、不正なアクセスに対する防御策を実装したり、サーブレットコンテナによるセキュリティ設定を行うことで、Webアプリケーションの安全性を確保したりできます。

サーブレットの学習・勉強方法

サーブレットの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基礎から学ぶ

サーブレットを学ぶにあたり、まずは基礎から学ぶことが大切です。Servlet APIの基本的な概念やHTTPプロトコル、サーブレットのライフサイクル、リクエストとレスポンスの仕組みなど、基本的な知識を身につけることが必要です。

サンプルコードを実際に動かしてみる

実際に自分でサンプルコードを書いて実行することで、サーブレットの理解が深まります。また、エラーが発生した場合は、そのエラーを解決するためにどのような手順で解決したのかをメモすることで、次回同様のエラーが発生した場合でもスムーズに解決できます。

実際にWebアプリケーションを作ってみる

サーブレットを学んだら、実際にWebアプリケーションを作ってみましょう。自分で作成したアプリケーションを動かすことで自分自身が学んだことをアウトプットし、理解を深めることができます。また、アプリケーションを作成する際には、サーブレットだけでなくJSPやデータベースとの連携など、より高度な知識も必要になります。

サーブレットのメリット

サーブレットのメリットは下記の通りです。

拡張性が高い

サーブレットはJavaで記述されているため、Javaのフレームワークと連携することができます。そのため拡張性が高く、さまざまな用途に応じたカスタマイズが可能です。

プラットフォームに依存しない

サーブレットはJavaの標準規格であり、プラットフォームに依存しません。つまり、どのようなOSサーバーでも利用でき、開発環境の構築が容易です。

リクエスト毎にスレッドが生成される

サーブレットはリクエスト毎にスレッドが生成されるため、同時に多くのリクエストを処理することが可能です。また、スレッドを管理するためのライブラリが豊富に用意されているため、効率的な処理が可能です。
ただし、リクエスト数が多すぎるとパフォーマンスの低下につながるので注意が必要です。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

サーブレットのデメリット

サーブレットのデメリットは下記の通りです。

実装が複雑

サーブレットはHTTPリクエストを処理するJavaのクラスであり、HTTPプロトコルに従ってリクエストを処理する必要があります。そのため、実装が複雑になることがあります。
しかしフレームワークやライブラリを使用することで、実装の複雑さを軽減できます。

メンテナンスが複雑

大規模なWebアプリケーションでは、多数のサーブレットを必要とすることがあります。そのため、各サーブレットのメンテナンスが複雑になります。また、サーブレットによって生成されたHTMLコードのメンテナンスも困難になります。
これらの問題を解決するためには、フレームワークを使用した開発や設計によってコードの再利用性や保守性を高める必要があります。

3. パフォーマンスの問題

サーブレットはリクエスト毎に新しいスレッドを作成するため、負荷が高いWebアプリケーションではパフォーマンスの問題が発生することがあります。

サーブレットの例

サーブレットの代表例は下記の通りです。

ログイン機能の実装

ユーザーがログインフォームにユーザー名とパスワードを入力し、送信するとサーブレットがそれらの情報を受け取って、ユーザー名とパスワードが正しいかどうかを確認します。正しければログインに成功したことを示すページを返します。誤っていればエラーメッセージを表示してログイン画面に戻ります。

ファイルアップロード処理

ユーザーがファイルアップロードフォームからファイルをアップロードすると、サーブレットがそのファイルを受け取ってデータベースに保存する処理を行います。

ユーザー情報の登録処理

ユーザーが登録フォームに必要な情報を入力し、送信するとサーブレットがそれらの情報を受け取って、データベースにユーザー情報を登録します。登録に成功した場合は登録完了ページを表示し、失敗した場合はエラーメッセージを表示して登録画面に戻ります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する