エンディアンとは?意味をわかりやすく解説

エンディアンとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


エンディアンとは

エンディアンは、コンピュータのメモリにデータを配置する際のバイトの順序を定義した方式のことを指します。

特に、マルチバイトのデータ表現において重要となり、バイトを先頭から順に配置する「ビッグエンディアン」と、末尾から逆順に配置する「リトルエンディアン」の2つが存在します。

この方式は、プログラミング言語やコンピューターのアーキテクチャによって異なります。

そのため、異なる方式で表現されたデータをやり取りする場合には、エンディアン変換が必要となることがあります。

エンディアンでできること

エンディアンでできることは以下の通りです。

1. データのバイトオーダーを変換

エンディアンは、コンピュータがバイト列を解釈する順序を表します。ビッグエンディアンとリトルエンディアンの2種類があり、プログラマーはこれらのエンディアンを意識することで、異なるエンディアンを持つコンピュータ間でデータのやり取りが可能です。

2. ファイル形式のエンディアンを変換できる

多くのファイル形式は、ビッグエンディアンまたはリトルエンディアンでエンコードされています。エンディアンを変換することで、異なるエンディアンを持つコンピュータ間でファイルを共有できるのが特徴です。

3. パフォーマンスの最適化

アプリケーションが使用するデータがどのようなエンディアンであるかによって、パフォーマンスが異なる場合があります。エンディアンを意識してコーディングを行うことで、アプリケーションのパフォーマンスを最適化することができます。しかし、エンディアンの変換が、常にパフォーマンスのボトルネックとなるわけではない点に注意が必要です。

エンディアンの学習・勉強方法

プログラミングに関係する専門用語であるエンディアンの学習・勉強方法は、以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

1. 基本的な文献や教科書を読む

エンディアンに関する基本的な文献や教科書を読むことで、その概念や歴史、重要性を理解することができます。特に、コンピュータアーキテクチャやシステムプログラミングに関する教科書は、エンディアンに関する詳細な説明を含んでいることが多いです。

2. 実際のプログラミングでの実践

エンディアンの変換関数を自分で書いたり、異なるエンディアンを持つシステム間でデータを交換するプログラムを作成したりすることで、エンディアンの違いが実際のコードにどのように影響するか体験できます。特に、CやC++のような低レベルのプログラミング言語を使用すると、エンディアンの影響を直接的に感じることができます。

3. エミュレータや異なるコンピュータを使ってみる

異なる種類のコンピュータやエミュレータ(コンピュータを模倣するソフトウェア)を使ってプログラムを動かしてみることで、エンディアンの違いがコンピュータの動きにどう影響するかを実際に体験できます。

エンディアンのメリット

エンディアンのメリットは、以下の通りです。

1. 標準化された通信

多くのネットワークプロトコルはビッグエンディアンを採用しています。これにより、異なるシステム間でのデータのやり取りが標準化され、互換性が確保されます。

2. 人間にとって直感的なデータの読み取り

ビッグエンディアン方式では、データが人間が読むのに直感的な順序で格納されるため、デバッグやデータ解析がしやすくなることがあります。

3. 一部のアプリケーションでの効率的な処理

特定のアプリケーションやハードウェアのアーキテクチャでは、そのネイティブなエンディアンでデータを処理する方が効率的である場合があります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

エンディアンのデメリット

エンディアンのデメリットは、以下の通りです。

1. システム間のデータ交換の複雑さ

異なるエンディアンを持つシステム間でデータを交換する際、バイトオーダーの違いを考慮して変換処理を行う必要があります。これにより、データ交換の処理が複雑になることがあります。

2. データの互換性の問題

異なるエンディアンを持つコンピューター同士でデータを共有する場合、互換性の問題が生じる可能性があります。特に、ネットワーク上でのデータの受け渡しや、異なるシステム間でのファイル共有において、エンディアンの違いを考慮しないとデータの解釈が誤ることがあります。

エンディアンの例

エンディアンの例は、以下の通りです。

ビッグエンディアン

ビッグエンディアンとは、データの最上位バイトから順にバイトを並べる方式です。例えば、「0x12345678」という16進数で表される値を考えると、メモリ上では「12 34 56 78」という順序で配置されます。

リトルエンディアン

リトルエンディアンは、データの最下位バイトから順にバイトを並べる方式です。例えば、「0x12345678」という16進数で表される値を考えると、メモリ上では「78 56 34 12」という順序で配置されます。

ミドルエンディアン

ミドルエンディアンは、ビッグエンディアンとリトルエンディアンの中間的な方式で、実際にはあまり一般的ではありません。例えば、「0x12345678」という16進数で表される値を考えると、メモリ上では「56 78 12 34」という順序で配置されることがあります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する