実行形式とは?意味をわかりやすく解説

実行形式とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


実行形式とは

プログラミングに関係する専門用語である実行形式とは、コンピューター上で実行可能なプログラムの形式を指します。

プログラムを実行するためには、プログラムコードが機械語に変換された実行形式が必要です。

実行形式には、オブジェクトファイルやバイナリファイルなどの形式があります。

これらの形式は、プログラムのコンパイルやリンクなどの開発工程を経て生成されます。

実行形式でできること

実行形式でできることは以下の通りです。

高速での実行が可能

実行形式で作成されたプログラムは、機械語に変換されているため、直接的にコンピューター上で実行されます。これにより、実行速度が高速になると言えます。一方、ソースコードを実行する場合、ソースコードが実行時に解釈されるため、解釈処理に時間がかかる可能性があります。
ただし、高速で実行できるかどうかは、プログラミング言語やプログラムの内容、最適化の程度などによって異なります。

OSが異なっても実行可能

実行形式で作成されたプログラムは特定のOSに依存しません。つまり、Windowsで作成したプログラムでも、macOSやLinuxなどの別のOSでも実行可能です。ただし、実行に必要なライブラリや環境が異なる場合は、別途インストールする必要があります。

実行ファイルの配布が容易

実行形式で作成されたプログラムは、単一の実行ファイルとして配布できます。つまり、プログラムを利用する人は、煩雑なインストール作業をする必要がありません。また、実行形式で作成されたプログラムは、外部ライブラリや設定ファイルなどを含めた完全な状態で配布できます。

実行形式の学習・勉強方法

実行形式の学習・勉強方法は、以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

実際に手を動かして試してみる

実行形式の学習・勉強方法において、最も効果的なのは実際に手を動かして試してみることです。実際のコーディングを通じて理解を深めることができ、問題が発生した場合にも対処方法を見つけることができます。

他人のコードを読んで学ぶ

実行形式の学習・勉強方法では、他人のコードを読むことも非常に効果的です。特にオープンソースのコードを読むことで、より多くの知識を得ることができます。他人のコードを読むことで、プログラムの構造や設計、実行形式の使い方など自分自身では気づかなかったことを発見することにつながります。

実行形式に関する文献を読む

実行形式の学習・勉強方法において、文献を読むことも大切です。プログラミング言語やOSのドキュメント、実行形式に関する技術書など、情報源はさまざまです。これらの文献を通じて、理論的な知識や実践的なノウハウを学べます。

実行形式のメリット

実行形式のメリットは以下の通りです。

高速性がある

実行形式はプログラムのコンパイル時に機械語に変換されるため、実行時に解釈する必要がなく高速に処理できます。

セキュリティが高い

実行形式にすることで、ソースコードを隠すことができます。これにより、他の人がソースコードを容易に閲覧したり改変したりすることを防ぎ、プログラムの著作権や知的財産権を保護できます。また、セキュリティ上の情報やアルゴリズムを保護するためにも、実行形式化することが一般的です。

実行形式のデメリット

プログラミングに関係する専門用語である実行形式のデメリットは、以下の通りです。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

クロスプラットフォームに対応しづらい

実行形式は、特定のオペレーティングシステム(OS)やハードウェアに依存しています。そのため、異なるOSやハードウェアで実行する場合、互換性の問題が発生し、プログラムが正しく実行されない場合があります。

2. セキュリティ上のリスクがある

実行形式のプログラムはコンピューターのリソースにアクセスする能力を持っています。悪意のあるプログラムが実行形式である場合、個人情報の漏洩やシステムの乗っ取りなど、重大なセキュリティ上の問題を引き起こす可能性があります。
このようなセキュリティ上のリスクを軽減するためには、信頼性のあるソースからのみ実行形式を取得し、セキュリティソフトウェアやファイアウォールを使用して不正なプログラムの実行を防止することが重要です。

実行形式の例

実行形式の例は以下の通りです。

Windowsの場合

Windowsで使われる実行形式の例は、拡張子が「.exe」のファイルです。これは、Windows上で直接実行可能なファイル形式で、ダブルクリックすることでプログラムが起動します。

Linuxの場合

Linuxで使われる実行形式の例は、拡張子が「.elf」のファイルです。これは、Linux上で直接実行可能なファイル形式で、ターミナル上で「./ファイル名」を入力することでプログラムが起動します。

macOSの場合

macOSで使われる実行形式の例は、拡張子が「.app」のアプリケーションです。これは、macOS上で直接実行可能なアプリケーション形式で、ダブルクリックすることでプログラムが起動します。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する