低水準言語(低級言語)とは?意味をわかりやすく解説

低水準言語(低級言語)とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


低水準言語(低級言語)とは

プログラミングに関係する専門用語である低水準言語(低級言語)とは、コンピュータが直接理解できる命令やデータの表現方法を使用する言語で、高水準言語よりも直接的かつ効率的にコンピュータを制御できます。

低水準言語は命令やデータの表現がハードウェアの仕様に密接に関連しており、メモリやレジスタなどの低レベルな概念を意識することが必要です。

そのため、プログラマーにとってはより詳細で複雑なコーディングが必要になる傾向があります。

また、低水準言語で書かれたプログラムはハードウェアとの直接的な対話が可能であるため、高速な動作や効率的なリソース利用が期待できます。

そのため、リアルタイムシステムやリソース制約の厳しい環境など、パフォーマンスが重要な場合によく使用されます。

低水準言語(低級言語)でできること

低水準言語(低級言語)でできることは以下の通りです。

メモリやCPUの管理

低水準言語を用いることで、コンピュータのメモリやCPUを管理できます。具体的には、メモリの割り当てや解放、CPUのレジスターの操作などが可能です。

デバイスドライバーの開発

低水準言語を使うことでデバイスドライバーの開発が可能です。デバイスドライバーは、コンピュータと周辺機器を接続するために必要なソフトウェアで、低水準言語を使うことによって細かな制御が可能になります。

オペレーティングシステムの開発

低水準言語を使うことで、オペレーティングシステムの開発ができます。オペレーティングシステムは、コンピュータの基本的な機能を提供するソフトウェアであり、低水準言語を使うことでより高度な制御が可能になります。

低水準言語(低級言語)の学習・勉強方法

低水準言語(低級言語)の学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

プログラミングの基礎を身に付ける

低水準言語を学ぶには、まずプログラミングの基礎から学びましょう。プログラムの流れを理解し、データ型や変数の概念を学び、プログラムの制御フローを理解することが必要です。
また、プログラミングの基礎を身に付ける上で、学びたい低水準言語を選ぶことが必要。おすすめなのはC言語です。

実践的なプログラミングを行う

低水準言語はメモリ管理やアドレス操作などの詳細な処理が必要なため、実践的なプログラミングを行うことが重要です。たとえば、C言語やアセンブリ言語を用いてプログラムを作成することで、低水準言語を実践的に学ぶことができます。

3.専門書籍やオンラインコースを利用する

低水準言語を学ぶためには、専門書籍やオンラインコースを利用することがおすすめです。具体的には、『Cプログラミング入門』や『アセンブリ言語入門』などの書籍、Udemyなどのオンラインコースがあります。これらの教材を活用して自己学習を行うことができます。

低水準言語(低級言語)のメリット

低水準言語(低級言語)のメリットは以下の通りです。

高いパフォーマンス

低水準言語は、プログラムをより効率的に実行することができます。CPUの命令セットに直接アクセスし、メモリやハードウェアリソースを効率的に制御できるため、高いパフォーマンスを発揮します。

細かい制御が可能

低水準言語は、メモリやデバイスドライバなどを直接制御できるため、細かい制御が可能です。これにより、より複雑なアルゴリズムや高度な処理を実現できます。

ほかの言語との相互運用性が高い

低水準言語はC言語などとともに広く使われており、ほかの言語との相互運用性が高いことが特徴です。高水準言語から低水準言語に変換することも可能であり、既存のプログラムとの連携が容易になります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

低水準言語(低級言語)のデメリット

低水準言語(低級言語)のデメリットは以下の通りです。

理解が難しい

低水準言語はコンピュータの機械語に近いため、一般的なプログラミング言語よりも難易度の高いところがデメリットです。低水準言語を扱うプログラマーは、ビット演算やポインターなど高度な知識を持っている必要があります。

プログラムの作成に手間がかかる

低水準言語でプログラムを作成する場合、メモリの確保や解放、アドレスの計算など、細かい部分を自分で記述する必要があります。そのため、高水準言語よりもプログラムの作成に時間がかかる傾向があります。

修正や保守が困難な場合がある

低水準言語で書かれたプログラムは高水準言語よりも複雑であり、修正や保守が困難な場合があります。低水準言語では、メモリ管理やハードウェアとの直接的なやり取りなどより詳細な制御が必要となるため、プログラムの実装が複雑になる傾向があります。

低水準言語(低級言語)の例

低水準言語(低級言語)の例は以下の通りです。

アセンブリ言語

アセンブリ言語は、CPUの命令セットを直接記述できる低水準言語です。アセンブリ言語は、CPUのレジスターやメモリーなどのハードウェアに近いアクセスができるため、高速なプログラムを作成できます。

C言語

C言語は、アセンブリ言語に似た機能を持ちながら、高級言語に近い文法を持った低水準言語です。C言語は、OSやドライバーなどのシステムプログラムの開発に用いられることが多く、ハードウェアに直接アクセスする必要がある場合にも利用されます。

マシン語

マシン語は、CPUが理解できる2進数の命令コードで記述される最も低級の言語です。マシン語は、非常に直接的で効率的なプログラムを作成できますが、可読性が低くて開発効率が低いという欠点があります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する