デリゲートとは?意味をわかりやすく解説

デリゲートとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


デリゲートとは

プログラミングに関係する専門用語「デリゲート」とは、ほかのメソッドを代理で呼び出すための型のことです。

具体的には、メソッドを引数として受け取り、そのメソッドを別の場所で呼び出す機能を持ちます。

デリゲートを使用することで、コードの重複を減らしたり、柔軟な処理の実現が可能になります。

また、イベント処理や非同期プログラミングなど、さまざまなシナリオで活用されます。

ただし、デリゲートはプログラミング言語やフレームワークによって異なる実装方法や命名規則があります。

そのため、具体的な文脈や使用する言語によって細かな差異が存在する場合もあります。

デリゲートでできること

デリゲートでできることは、以下の通りです。

イベントハンドリング

デリゲートは、イベントハンドラの実装にも役立ちます。イベントハンドラは、ユーザーの操作やシステムの状態変化など、発生したイベントに対して処理を実行するために使われます。

汎用的なコールバックの実現

デリゲートは、コールバックの実装にも使用されます。コールバックは、ある処理が終了した後に実行される関数のことで、デリゲートを使うことで汎用的なコールバックを実現できます。

デリゲートの学習・勉強方法

デリゲートの学習・勉強方法は以下の通りです。

基礎知識の習得

デリゲートを学ぶ前に、基礎知識を習得することが必要です。まずは、デリゲートが何であるかを理解し、その仕組みや役割を把握することが大切です。また、C#Swiftなどのプログラミング言語を学ぶことも重要です。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

実践的なプログラミング演習

デリゲートの理論を学んだ後は、実践的なプログラミング演習を行うことがおすすめです。実際にコードを書き、デリゲートを使用してみることでより深く理解できるようになります。また、自分で課題を設定して取り組むことも、より高度なスキルを身につけるためには重要です。

コミュニティやオンラインコースの活用

デリゲートの学習には、コミュニティやオンラインコースを活用することが有効です。デリゲートを学ぶための情報や知識を共有するコミュニティや、専門家による解説が受けられるオンラインコースを利用することで、効率的に学習できます。

デリゲートのメリット

デリゲートのメリットは以下の通りです。

コードの再利用性が高まる

デリゲートを使用することで、同じ処理を複数回実行する場合にコードの再利用性を高められるのがメリットです。メソッドを引数として渡すことで、そのメソッドを別の場所で実行できます。これにより、同じ処理を複数の箇所で使い回すことができ、コードの重複を減らすことができます。

柔軟な処理の実行が可能

デリゲートは実行するメソッドを動的に決定することができます。そのため、処理の実行を柔軟に変更できるのが特徴です。

非同期処理の実現が容易になる

デリゲートは、非同期処理を実現するためにも利用されます。別スレッドで実行するメソッドをデリゲートに渡すことで、非同期処理を実現できます。

デリゲートのデメリット

デリゲートのデメリットは以下の通りです。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

デバッグが困難になる可能性がある

デリゲートを使用することで、コードの複雑性が増すことがあります。デリゲートがどこで呼び出されているのかを追跡するのは困難であり、デバッグが困難になることがあります。

3. 非同期プログラミングには向かないことがある

デリゲートは同期的に呼び出されるため、非同期プログラミングには向かないことがあります。非同期処理では、コールバック関数やタスクを使用する必要があります。デリゲートは、タスクを追跡するのが困難であるため、非同期処理には向かないことがあります。

デリゲートの例

デリゲートの例は以下の通りです。

1. イベントハンドラーのデリゲート

イベントハンドラーのデリゲートは、イベント発生時に呼び出されるメソッドを指定するために使用されます。たとえば、ボタンがクリックされたときに実行されるメソッドを指定することができます。

関数のデリゲート

関数のデリゲートは、メソッドを引数として受け取り、そのメソッドを実行するために使用されます。このように、デリゲートを使用することで、メソッドを動的に切り替えることができます。

マルチキャストデリゲート

マルチキャストデリゲートは、複数のメソッドを呼び出すために使用されます。このように、デリゲートを使用することで、複数のメソッドを一度に呼び出すことができます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する