動画生成や編集が可能なAI「Runway」を使ってみた。料金形態や具体的な使い方を紹介

動画生成や編集が可能なAI「Runway」を使ってみた。料金形態や具体的な使い方を紹介

公開: 更新:
だーだい
フリーランスWebライター兼Web製作者。Webライターとしてガジェットメディアやプログラミングに関する記事を執筆する傍ら、LP制作とWordPressの改修案件もこなしつつ、活動しています。 profile


Runwayとは

RunwayはAI技術を駆使して動画やテキストから動画を生成できるサービス。画像生成AI「Stable Diffusion」の開発にも関与していることから、生成AI分野で注目されています。

Runwayでは動画の生成や編集、画像からの動画作成など多岐にわたる機能を提供しているのが特徴。クリエイター向けに設計されていることもあり、直感的に操作できるシンプルなインターフェースが魅力です。

スマートフォンにも対応しており、どこにいても手軽に高品質な動画を作成可能。Runwayを使うと短時間で高品質な動画を生成できるため、動画編集のハードルを大幅に下げることができます。

Runwayが提供するGen-1とGen-2の違い

RunwayにはGen-1、Gen-2という2つのAIツールがあり、それぞれ下記のような違いがあります。

Gen-1

アップロードした動画を編集して新しい動画を生成できる

Gen-2

画像やテキストプロンプトから動画を生成できる

上記以外にも動画の対象物を切り抜くグリーンバック機能や、複数の視点から撮影したオブジェクトの動画から3Dを生成するツールも備えています。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

Runwayの料金プラン

Runwayの料金プランは下記の通りです[1]

プラン名 価格(毎月) クレジット ビデオ生成 ビデオプロジェクト数 アセット 特典
無料プラン 無料 125クレジット Gen-1 最大4秒
Gen-2 最大16秒(ビデオ拡張経由)
3つまで 5GB 720pでのビデオエクスポート、限られた画像エクスポートオプション
標準プラン 15ドル 625クレジット/月 Gen-1 最大15秒
Gen-2 最大16秒
無制限 100GB 4Kとグリーンスクリーンアルファマットでのビデオエクスポート
2K画像のエクスポートと完全な3Dテクスチャオプション
カスタムAIジェネレーターのトレーニング1つ含む
プロプラン 35ドル 2250クレジット/月 Gen-1 最大15秒
Gen-2 最大16秒
無制限 500GB ビデオエディターは標準からエクスポートPNGおよびProResもエクスポート
カスタムAIジェネレーターのトレーニング1つ含む
無制限プラン 95ドル 2250クレジット/月
(レート制限なし)
Gen-1とGen-2共に無制限で利用可能 無制限 - プロプランの全機能に加え、追加特典あり

月額で契約する場合は上記の料金形態が適用されます。年間契約の場合、上記よりも20%安い価格帯で利用可能。長期的に活用したい方は年払いでの契約がお得です。

Runwayの使い方

はじめにRunwayの公式ページへアクセスします。

Runwayの公式URL:https://runwayml.com/

Runwayより

トップページ中央にある「Try Runway for free」ボタンをクリックします。

Runwayより

GoogleアカウントかAppleアカウント、メールアドレスのいずれかでアカウントを作成可能。任意のアカウントを選択して下さい。

Runwayより

最新情報のメール送信に関する画面が表示されます。必要なければ「Skip」リンクをクリックしましょう。

Runwayより

上記画面が表示されたら認証完了です。

Gen-1で動画を生成する方法

Runwayより

サイドバーの「Videos」欄にある「Generate Videos」をクリックします。Gen 1で動画から動画を生成する欄が表示されるのでそこをクリックして下さい。

Runwayより

動画のアップロード画面が表示されるので、中央をクリックするか動画をドラッグ&ドロップしてアップロードします。

Runwayより

画面右上にある3つの機能を使ってさまざまな動画を生成できます。今回は「Presets」をクリックして表示内容から「Android」というスタイルを選択してみます。

Runwayより

すると動画の人物や背景が上記のようなスタイルへ変わりました。Presets欄にはこのように多数のスタイルが掲載されており、さまざまな動画を生成できるようです。

Runwayより

また「Prompt」欄ではテキストを使って作りたい動画の内容を指定できます。プロンプトにて「change like anime(アニメ調へ変更)」を指定した結果が下記の通りです。

Runwayより

リアルよりなアニメ調の動画ができました。スタイルの強弱については画面右の「Settings」欄にある「Style strength」を左右に動かして調節できます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

Gen-2で動画を生成する方法

Runwayより

サイドバーの「Videos」欄にある「Generate Videos」をクリックします。「Text/Image to Video」という欄が表示されるのでそこをクリックして下さい。

Runwayより

すると上記画面が表示されます。画面左上が画像のアップロードが欄で、左下がプロンプトの入力欄です。片方を入力して動画を作ることはもちろん、双方とも入力して動画を作ることも可能です。

たとえば、プロンプト欄に「a video of two people fighting」と記載して画面下の「Generate 4s」ボタンを押すことで下記の動画を生成できました。

2人ではなく3人なのが気になりますが、簡単なプロンプトだと上記のクオリティで動画を作れるようです。

動画の背景を切り抜く方法

Runwayより

画面左のサイドバーにある「Edit Videos」をクリックすると、さまざまな画像編集ツールが表示されます。その中にある「Remove Background」を使うことで動画の背景を切り抜くことが可能です。

Runwayより

上記画面が表示されるので赤枠内に背景を切り取りたい動画をアップロードしてください。

Runwayより

画面上部にある「Mask」をクリックし、残したい被写体の大枠を複数クリックします。被写体だけが緑色のマスクに覆われるので、右上にある「Done Masking」ボタンを押して下さい。

Runwayより

すると上記のように背景を切り抜くことができます。

Runwayより

ダウンロードする際は右上にある「Export」ボタンをクリックし、任意のデータを指定して「Export Video」ボタンをクリックします。

Runwayより

つぎに、画面左にある「Assets」をクリックしてください。

Runwayより

すると、これまでアップロードしたり生成したりした動画が表示されます。切り抜いた動画の右側にある「・・・」をクリックして「Download」欄をクリックするとダウンロードできます。

上記の手順を用いて画像から動画を生成することも可能です。

テキストから3Dを作成する方法


Runwayより

画面左のサイドバーから「3D」をクリックすると、動画から3Dを生成するツールとテキストから3Dを作成するツールが表示されます。

テキストから3Dを生成する場合は「3D Texture」をクリックしてください。

Runwayより

上記の入力画面が表示されるので、作りたい3Dの特徴を入力して右側の「Generate」をクリックします。

今回はテストとして「white dog」というプロンプトを入力してみました。その結果が下記の通りです。

Runwayより

う~ん。犬の画像が正方形の3D状になっただけですね。実態を切り抜いたような3Dを作りたい場合は、テキストではなく動画から生成する方がよいかもしれません。

Runwayより

動画から3Dを生成する方法も試してみたのですが、生成中にエラーが表示されてうまくいきませんでした。

もし動画から3Dを生成できた方はコメント欄から教えてくれると嬉しいです。

References

  1. ^ Runway. 「Choose the best plan for you」. https://runwayml.com/pricing/, (参照 2024-04-19).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する