【Python】リスト・辞書のin演算子を使って複数条件を検索する方法

【Python】リスト・辞書のin演算子を使って複数条件を検索する方法

公開: 更新:


リスト内包表記でinを使用した複数条件の検索する方法

【サンプルコード】
numbers = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]
filtered = [num for num in numbers if num > 5 and num % 2 == 0]
print(filtered)
【実行結果】
[6, 8, 10]

上記Pythonのコードの1行目では、1から10までの整数を要素とするリストnumbersを定義しています。リストは順序を持ったコレクションであり、角括弧([])を使用して作成されます。

2行目はリスト内包表記を使って、特定の条件に合致する要素だけを新しいリストfilteredに格納しています。

リスト内包表記は、簡潔に新しいリストを生成するための強力な方法です。numnumbersの各要素を順に参照し、それが5より大きくかつ2で割り切れる(偶数である)場合にのみfilteredに追加されます。

最終的に、3行目でprint関数を使用してfilteredの内容を出力しています。この結果、6, 8, 10という3つの数値が出力され、これらはすべて元のリストnumbers内の5より大きい偶数です。

上記のような方法は、特定の条件に合致する要素だけを抽出したい場合に有効です。

「Python」を学べるコードキャンプのサービス

all関数でinを使い辞書内の複数キーを一括判定する方法

【サンプルコード】
data = {"name": "John", "age": 30, "city": "New York"}
keys_to_check = ["name", "age"]
result = all(key in data for key in keys_to_check)
print(result)
【実行結果】
True

1行目ではdataという変数にキーと値のペアを持つ辞書を割り当てています。辞書はキーを使用して値にアクセスするマッピング型のコレクションです。「name」「age」「city」をキーとしており、それぞれ「John」「30」「New York」という値を持っています。

2行目では確認したいキーをリストkeys_to_checkに格納しており、「name」と「age」の2つのキーを含めています。

3行目のall関数は、与えられたイテラブル(ここではジェネレータ式)の全ての要素がTrueと評価される場合にTrueを返します。この場合、key in dataで各キーがdata辞書に存在するかを確認しており、全てのキーが存在するため結果はTrueになります。

上記のコードは、辞書内に特定のキーが全て存在するかを確認するのに適しています。


※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する