Fluentdとtd agentの違いをわかりやすく解説

Fluentdとtd agentの違いをわかりやすく解説

公開: 更新:


Fluentdとは

Fluentdとは、オープンソースのデータ収集および転送エンジンです。

様々なデータソースからログやデータを収集し、指定された出力先にデータを転送するためのツールです。

多岐にわたるプラグインのおかげで様々な環境やプラットフォームに対応し、データ収集や出力の設定を柔軟に行なえます。

td agentとは

td agentとは、Fluentdのエンタープライズ版として提供されるデータ収集エンジンです。

Fluentdとの基本的な機能は同じですが、一部の機能拡張や追加サポートが提供されています。

Rubyベースで開発されており、様々なプラグインを組み込むことでカスタマイズが可能です。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

Fluentdとtd agentの主な違い

ログ収集機能の拡張性における違い

Fluentdはオープンソースなので、豊富なプラグインが提供されており、自由度が高いログ収集が可能です。

一方、td agentは商用版として提供されており、特定の環境やビジネスニーズに特化したプラグインが提供されています。

つまり、Fluentdは汎用性が高く、td agentは特定のシチュエーションに最適化されていると言えます。

また、td agentはFluentdの基盤を使用しつつも、一部の高度な機能やサポートが追加されているので、特定の業界やビジネスニーズに応じて、Fluentdとtd agentの選択が求められます。

インストールと設定の違い

Fluentdはオープンソースのため、必要な機能やプラグインを自由に追加してカスタマイズすることが可能です。

td agentは、特定の環境やニーズに応じて、最適化された設定やプラグインがあらかじめ組み込まれています。

つまり、Fluentdはカスタマイズの自由度が高く、td agentは導入や設定が簡単に行える利点があります。

また、td agentは商用サポートを受けられるので、トラブル時に相談出来る点が魅力的です。

上記のことから、インストールや設定の手間を省きたい場合はtd agent、カスタマイズの自由度を重視する場合はFluentdが適しています。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

プラグインの管理と更新の違い

Fluentdのプラグインは、コミュニティによって提供されるため、多種多様な機能拡張が可能です。

一方、td agentのプラグインは、企業向けの特定機能が提供されていたり、最適化されていたりすることが多いです。

つまり、Fluentdはプラグインの種類やバージョンが多岐にわたるため、管理や更新に手間がかかる場合がありますが、td agentでは一元管理されているため、プラグインの更新や追加を簡単に行えます。

従って、プラグインの管理や更新に関しては、td agentが有利であると言えるでしょう。

Fluentdのメリット・デメリット

Fluentdのメリットとして、オープンソースであるため自由度が高く、豊富なプラグインで機能の拡張が可能な点です。

また、様々なデータソースから、ログ収集や転送が簡単に設定できる点も強みです。

しかし、デメリットとしてプラグインのバージョンや依存関係の管理が複雑になる、大規模なデータ処理には最適化が必要となる、等が挙げられます。

td agentのメリット・デメリット

td agentのメリットとして、商用サポートが受けられる点や導入から設定までの手順が簡略化されている点が挙げられます。

特定の業界やビジネスニーズに応じた最適化が行われているため、即戦力としての導入が期待できます。

デメリットとして、Fluentdに比べてカスタマイズの自由度がやや低い点や、ライセンスコストが発生する点が考えられます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する