「リスキリング」と「リカレント」の違いは?概念についてもご紹介

「リスキリング」と「リカレント」の違いは?概念についてもご紹介

公開: 更新:

最近、注目を集めている人材戦略の手法には、「リスキリング」と「リカレント教育」があります。この2つの用語は、ニュース、新聞、SNSなどで頻繁に話題になっていますが、多くの人々が「違いがよくわからない」とか「言葉の意味が曖昧」と感じていることがあります。

このため、本稿ではリスキリングとリカレント教育の違いについて、分かりやすく説明します。両方の特徴に加えて、国内外の成功事例や、実施する際の留意点についても紹介します。この情報は、人材育成に関する悩みを抱える経営者や人事部門の方にとって役立つはずですので、是非ご活用ください。




Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

リスキリングとリカレントの違いとは?

リスキリングとリカレント教育は、両方とも教育の分野で重要な概念ですが、異なる目的を持っています。
「リスキリング」とは、従業員が今後の業務や産業の変化に適応するために必要なスキルを身につけることを指します。

つまり、労働力の需要と供給のバランスが変化する中で、従業員が必要なスキルを習得することで、現在の仕事を維持したり、将来的に仕事を得るための能力を向上させることができます。

一方、「リカレント教育」とは、既存の知識やスキルを維持 更新するために、定期的な教育を受けることを指します。これにより、個人が労働市場で競争力を維持し、技術的な進歩に対応することができます。

つまり、リスキリングは将来のニーズに対応するためのスキル習得を重視し、リカレント教育は現在のスキルを維持 更新することを目的としています。
両方とも、現代の労働市場において非常に重要な役割を果たしています。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する