【Python】tuple要素の取り出し方4つを解説

【Python】タプル(tuple)要素の取り出し方4つを解説

公開: 更新:

Pythonのtupleは、異なる要素を順序付けて格納するイミュータブル(変更不可能な)データ型です。

tupleから特定の要素を取り出すには、以下のような方法があります。

  • インデックスを使用して要素を取得する方法
  • スライスを使用して要素を取得する方法
  • for文を使用して全ての要素を取り出す方法
  • アンパッキングを使用して複数の要素を同時に取り出す方法

上記方法の簡単な特徴やサンプルコード、実行結果などを掲載しておりますので、ぜひ参考にしてください。



インデックスを使用して要素を取得する方法

tupleの要素にはインデックスが付与されており、指定することで特定の要素にアクセスできます。

インデックスは0から始まり、tupleの最初の要素を指し示します。

【サンプルコード】
# tupleの定義
fruits = ("apple", "banana", "cherry", "durian")
# インデックスを使用して要素を取得
selected_fruit = fruits[2]
# 取得した要素の出力
print(selected_fruit)
【実行結果】
cherry

fruits = ("apple", "banana", "cherry", "durian")では、4つの異なる果物が含まれるtupleを作成しています。

selected_fruit = fruits[2]によって、tuplefruitsの3番目の要素(インデックスは2)である'cherry'を取り出しています。

最後に、print(selected_fruit)を使って取り出した要素を出力しており、結果は'cherry'となります。

「Python」を学べるコードキャンプのサービス

スライスを使用して要素を取得する方法

スライスを使用することで、tupleの特定範囲の要素を新しいtupleとして取り出せます。

スライスでは、[開始インデックス:終了インデックス]と指定し、開始インデックスから終了インデックスの直前までの要素が含まれます。

【サンプルコード】
# tupleの定義
colors = ("red", "green", "blue", "yellow", "white")
# スライスを使用して要素を取得
selected_colors = colors[1:4]
# 取得した範囲の要素の出力
print(selected_colors)
【実行結果】
('green', 'blue', 'yellow')

colors = ("red", "green", "blue", "yellow", "white")によって、5つの色が含まれるtupleを定義しています。

selected_colors = colors[1:4]は、tuplecolorsの2番目から4番目の要素を取り出して、新しいtupleを作成しています。

出力されたprint(selected_colors)により、'green', 'blue', 'yellow'が含まれるtupleが得られます。

for文を使用して全ての要素を取り出す方法

for文を使用することで、tuple内の全ての要素を順番に取り出し、それぞれに対して操作できます。

【サンプルコード】
# tupleの定義
numbers = (1, 2, 3, 4, 5)
# for文を使用して各要素を出力
for number in numbers:
    print(number)
【実行結果】
1
2
3
4
5

ここではnumbers = (1, 2, 3, 4, 5)として、数字を要素に持つtupleを定義しています。

for文のfor number in numbers:でtupleの各要素にアクセスし、print(number)で順番に出力しています。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

アンパッキングを使用して複数の要素を同時に取り出す方法

tupleのアンパッキングを使用すると、tuple内の複数要素を同時に別の変数代入できます。

【サンプルコード】
# tupleの定義
coordinates = (10, 20, 30)
# アンパッキングを使用して各要素を変数に代入
x, y, z = coordinates
# 代入された変数の出力
print(x)  # 10が出力される
print(y)  # 20が出力される
print(z)  # 30が出力される
【実行結果】
10
20
30

coordinates = (10, 20, 30)によって、3つの数値を要素に持つtupleを定義しています。

アンパッキングx, y, z = coordinatesによって、それぞれの変数にtupleの要素が代入されます。

最後に、print(x)print(y)print(z)でそれぞれの変数を出力しており、結果は10、20、30となります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する