【Python】ワイルドカードの文字列置換はreplaceではなくre.sub

【Python】ワイルドカードの文字列置換はreplaceではなくre.sub

公開: 更新:

Pythonでの文字列の置き換えには、主にreplaceメソッドreモジュールre.sub関数が使用されます。

replaceメソッドはシンプルな文字列置き換えに用いられますが、ワイルドカードのような柔軟な置き換えはサポートしていません。

ワイルドカードを使用して文字列の一部を置き換えたい場合、reモジュールのre.sub関数を利用することが推奨されます。



replaceメソッドによる文字列置き換えの例

【サンプルコード】
original_string = "Hi, What's up?"
replaced_string = original_string.replace("Hi", "Hello")

original_string = "Hi, What's up?"は、元となる文字列を示しており、この文字列から特定の部分を置き換えます。

replaced_string = original_string.replace("Hi", "Hello")は、"Hi"という文字列を"Hello"に置き換える処理を行っており、結果として"Hello, What's up?"が得られます。

「Python」を学べるコードキャンプのサービス

re.sub関数によるワイルドカードを使用した文字列置き換えの例

【サンプルコード】
import re
original_string = "apple01, orange02, cherry03"
pattern = r"\d{2}"
replacement = "XX"
replaced_string = re.sub(pattern, replacement, original_string)

import reは、正規表現を扱うためのモジュールをインポートしており、original_string = "apple01, orange02, cherry03"は、置き換え対象の文字列を定義しています。

pattern = r"\d{2}"は、2桁の数字を表す正規表現パターンを定義しており、replacement = "XX"は、見つかった2桁の数字をこの文字列に置き換えることを示しています。

replaced_string = re.sub(pattern, replacement, original_string)は、指定したパターンにマッチする部分を置き換える処理を行っています。

この結果、"appleXX, orangeXX, cherryXX"が得られます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する