モブプログラミングとは?意味をわかりやすく解説

モブプログラミングとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


モブプログラミングとは

モブプログラミングとは、複数のプログラマーが同じコンピューターを共有して一緒にコードを書いていく手法です。

多くの人数でひとつのコードに取り組むことで、ひとりで開発するよりも効率的かつ高品質なコードを生み出すことができます。

集中力やコミュニケーション能力が求められますが、コードレビューを即座に行えるのでバグの早期発見・修正やスムーズなチーム開発につながります。

モブプログラミングでできること

モブプログラミングでできることは下記の通りです。

1.チーム全員で品質を確保できる

モブプログラミングは複数の開発者が同時に1つのPCで開発するので、問題が発生した場合でもチーム全員でその問題を発見・解決できます。そのため、品質の高いコードを維持することができます。

2.アイデアの共有・議論がしやすい

モブプログラミングではチーム全員が同時に開発作業に参加するため、アイデアの共有や議論がしやすい環境が整います。それにより、開発作業中に生まれるアイデアを即座に取り入れることができ、よりよいプログラムを作成できます。

3.新人教育やスキルアップにも役立つ

開発チーム全員でモブプログラミングを行うことで、新人開発者のスキル向上につながります。また、経験豊富な開発者が新しい技術や開発手法を共有することで、チーム全体のスキルアップが期待できます。

モブプログラミングの学習・勉強方法

モブプログラミングの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

1. ペアプログラミングを習得する

モブプログラミングは、複数人で1つのコンピューターを共有してプログラムを開発する手法です。そのため、ペアプログラミングを習得することが最初のステップです。ペアプログラミングとは、2人が1つのコンピューターを共有し、1人がタイピングを行いもう1人がコードレビューを行う開発方法です。

2. コミュニケーションスキルを磨く

モブプログラミングでは複数人で協力してプログラミングを行うため、コミュニケーションスキルが重要です。メンバー同士が意見を出し合い、議論を行うことでより良いプログラムを開発できます。

3. タイムキーパーを決める

モブプログラミングではひとつのタスクを複数人で行うため、タイムキーパーを決めることが必要です。タイムキーパーは時間を管理し、タスクがスムーズに進行するようにサポートする役割を担います。

モブプログラミングのメリット

モブプログラミングのメリットは下記の通りです。

1. コード品質が向上する

モブプログラミングは、複数の開発者が同時にひとつのコンピューターで開発を行うため、コードレビューが常に行われてバグやコーディングミスを素早く発見できます。また、一緒に作業することで個人的な癖やベストプラクティスについて学び合うことができ、コード品質が向上します。

2. チームのコミュニケーションが円滑になる

モブプログラミングは複数人でコーディングするため、開発者同士のコミュニケーションが重要です。モブプログラミングではチーム全員が同じ目標に向かって一緒に作業するため、コミュニケーションが円滑になります。

3. ナレッジシェアリングが促進される

モブプログラミングでは開発者全員が一緒に作業するため、知識の共有が行われます。これにより、チーム内でのナレッジシェアリングが促進され、全員が同じレベルのスキルを身につけられます。また、コードの理解が深まるため、開発者が成長することも期待できます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

モブプログラミングのデメリット

モブプログラミングのデメリットは下記の通りです。

1. 個人的なスキルアップの遅れ

モブプログラミングでは複数人が同時にコーディングを行うため、自分自身でコードを書くことが少なくなります。そのため、自分自身で考えながらコードを書く練習が少なくなり、個人的なスキルアップの遅れが生じる可能性があります。

2. コミュニケーションのコスト

複数の人間が同時に作業を行うモブプログラミングでは、常に意見の共有やコミュニケーションをとることが必要です。そのため、コミュニケーションにかかる時間やコストが増加し、作業の効率が低下する可能性があります。

3. 初心者にとってはストレスがかかる

初心者にとって、モブプログラミングはストレスがかかる場合があります。複数の人間で作業を行うため自分の理解が追いつかず、圧倒されてしまう場合があります。また、自分がコードを書く機会が少なくなるため、自分自身で学習する機会が少なくなる可能性があります。

モブプログラミングの例

モブプログラミングの例は下記の通りです。

1. ペアプログラミング

ペアプログラミングは、2人のプログラマーが同じコンピューターを使ってコーディングする方法です。

2. エクストリームプログラミング(XP)

エクストリームプログラミングはアジャイルな手法のひとつで、小規模の開発チームによる迅速な開発を目指します。エクストリームプログラミングの特徴は、顧客の要求に応えるために頻繁にコードをリリースしてフィードバックを得ることです。

3. モブプログラミング

モブプログラミングは、3人以上のプログラマーが1つのコンピューターを共有し、同時にコーディングする手法です。

これらの方法を活用することで、プログラミングの効率や品質を向上させることができます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する