デザインカンプとは?意味をわかりやすく解説

デザインカンプとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


デザインカンプとは

デザインカンプとは、Webサイトやアプリのデザインを制作する際の設計図となる見本のことを指します。

デザインカンプにはサイトやアプリのレイアウトや配色、フォントなどのデザイン要素が含まれ、クライアントやデザイナー間でのコミュニケーションやデザインの確認・修正に役立ちます。

また、実際にコーディングや開発作業に入る前にデザインの全体像を確認することができるため、開発のスムーズな進行にも繋がります。

デザインカンプでできること

デザインカンプでできることは下記の通りです。

Webサイトのデザインを作成できる

デザインカンプを使用することで、Webサイトのデザインを作成できます。色合いやフォント、レイアウトなど細かい部分までデザインすることが可能です。

Webサイトのユーザビリティを改善できる

デザインカンプを使用することで、Webサイトのユーザビリティを改善できます。ユーザーがスムーズに操作できるように、メニューやナビゲーション、ボタンの配置などを工夫できます。

Webサイトのレスポンシブデザインを確認できる

PCやスマートフォン、タブレットなどさまざまなデバイスに対応したデザインを作成できます。

デザインカンプを使うことで、Webサイトのデザインやユーザビリティ、レスポンシブデザインを高度に設計できます。Webサイト制作において必要不可欠なスキルであるため、積極的に取り入れることをおすすめします。

デザインカンプの学習・勉強方法

デザインカンプの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

簡単なチュートリアルを実践する

デザインカンプを使った簡単なチュートリアルを実践することで、基本的な機能を学ぶことができます。初心者の方は、まずはチュートリアルを実践することをおすすめします。また、インターネット上には無料でチュートリアルを提供しているサイトもあるため、利用するのも学習方法のひとつです。

デザインカンプを参考にした実践的な学習

デザインカンプを学習する上で、実践的な方法はとても効果的です。実際にデザインカンプを使って、作成したいデザインを作り上げることで理解が深まります。その際には、自分の好きなデザインを参考にするのもいいでしょう。

デザインカンプを用いたユーザビリティテストの実施

デザインカンプを用いて作成したデザインについて、ユーザビリティテストを実施することでより洗練されたデザインを作り上げることができます。ユーザビリティテストは、作成したデザインをユーザーに試してもらうことで改善点を見つけ出すことができる方法です。

デザインカンプのメリット

デザインカンプのメリットは下記の通りです。

デザインのイメージを共有できる

デザインカンプは、Webサイトやアプリのデザインイメージを依頼主や開発者に共有するのに役立ちます。開発する前にデザイン内容を確認できるため、意図しない仕様変更や不具合を防ぐことができます。

デザインの修正が容易になる

デザインカンプを使用することで、依頼主や開発者からのフィードバックをもとにデザイン修正を簡単にできます。修正内容が明確になるため、時間やコストをかけずに迅速に対応できます。

3.コミュニケーションの円滑化が図れる

デザインカンプを使用することで、デザイナーと依頼主や開発者のコミュニケーションがスムーズになります。デザイナーが制作したデザインを共有することで、イメージや想いを伝えることができます。また、修正や要望があった場合も迅速に対応できるため、コミュニケーションが円滑になります。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

デザインカンプのデメリット

デザインカンプのデメリットは下記の通りです。

デザインカンプからの逸脱が困難

デザインカンプに沿ってコーディングする際、細かいレイアウトや色味に合わせて修正が必要になることがあります。しかし、デザインカンプに沿わない修正を行うとデザインの統一感が失われ、完成したサイト全体の印象が悪くなる可能性があります。

デザインカンプに依存してしまう

デザインカンプはデザインのイメージを共有するためのツールであり、あくまでコーディングのための一時的な資料です。しかし、デザインカンプを重要視しすぎてコーディングに移行してしまうと、デザインカンプに依存することになります。
実際のコーディング作業では、ブラウザやデバイスなどの環境の違いや技術的な制約などを考慮して、都度適した対応をすることが重要です。

非現実的なデザインを含んでいる場合がある

Webデザイナーによっては、理想的なデザインや非現実的なデザインが含まれているデザインカンプもあります。これらのデザインをそのままコーディングに落とし込むこむ場合、予想以上のコストがかかったりユーザビリティの低下につながる可能性があります。そんなときは、デザインカンプを現実的な視点から見直す必要があります。

デザインカンプの例

デザインカンプの例は下記の通りです。

ブログサイトのデザインカンプ

ブログサイトのデザインカンプの例は、シンプルで読みやすいレイアウトが挙げられます。ヘッダーにはブログ名やロゴ、メニューが配置され、メインコンテンツは中央に配置されるのが一般的です。

ショッピングサイトのデザインカンプの例

ショッピングサイトのデザインカンプの例は、商品の魅力的な画像や説明文がしっかりと配置されたレイアウトが挙げられます。また、ヘッダーにはロゴや検索窓、カートのアイコンが配置され、サイト内の移動がスムーズに行えるようになっています。

SNSサイトのデザインカンプの例

SNSサイトのデザインカンプの例は、ユーザーの情報やタイムライン、メッセージ機能がシンプルで使いやすいレイアウトが挙げられます。また、ヘッダーにはプロフィール画像やアカウント名が表示され、SNSサイトであることをわかりやすく示しています。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する