アンチパターンとは?意味をわかりやすく解説

アンチパターンとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


アンチパターンとは

プログラミングに関係する専門用語であるアンチパターンとは、ソフトウェア開発において避けるべき悪い設計や実装方法のことを指します。

アンチパターンは一見すると問題がなさそうなコードに潜んでおり、長期的に見ると開発プロセスの遅延や保守性の低下、品質の劣化などを招きます。

そのため、プログラミングにおいてアンチパターンを理解して事前に避けることが、高品質なソフトウェアの開発につながります。

アンチパターンでできること

プログラミングに関係する専門用語であるアンチパターンでできることは、以下の通りです。

コードの重複を避ける

アンチパターンのひとつである、「Copy and Paste Programming」によるコードの重複は、メンテナンスの難しさやバグの原因になる可能性があります。このアンチパターンを避けることで、長期的には開発の効率化やコードの品質向上に寄与します。

悪い例外処理を避ける

アンチパターンのひとつである「Swallowing Exceptions」を避けましょう。例外処理はプログラムの安全性を高めるために必要ですが、例外を握りつぶしてしまうとバグの原因となります。正しく例外を処理して必要な情報をログに残すようにしましょう。

パフォーマンスに気をつける

アンチパターンとして知られる「Premature Optimizatio」は、必要以上に早い段階での最適化を指すアンチパターンです。最適化は確かに重要ですが、初期の段階で過度に焦点を当てることは、可読性やメンテナンス性の低下を引き起こす可能性があります。最適化は、実際の性能のボトルネックが明確になった時点で行うことが推奨されます。

アンチパターンの学習・勉強方法

プログラミングに関係する専門用語であるアンチパターンの学習・勉強方法は、以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

1. アンチパターンの理解

アンチパターンとは、プログラミングにおいて望ましくないパターンのことを指します。プログラマーが避けるべき、問題を引き起こすコードや設計のことです。アンチパターンを理解することで、より品質の高いコードや設計を行うことができます。

2. アンチパターンの実践

実際のコードや設計で誤ってアンチパターンに従ってしまうこともあります。そのような経験を通じて問題点を洗い出し、解決策を考えるプロセスが非常に有益です。誤った方法を体験することで、正しい方法の重要性がより深く理解できます。

3. アンチパターンの継続的な学習

アンチパターンは開発の進化に伴い、常に新しいものが生まれているので継続的な学習が必要です。アンチパターンに関する書籍やWeb記事を読んだり、継続的な実践を行うことでより良いコードを書くことができます。

アンチパターンのメリット

プログラミングに関係する専門用語であるアンチパターンのメリットは、以下の通りです。

1. 問題を認識しやすくなる

アンチパターンは、一般的に問題が発生した際の不適切な解決方法を示すものです。このようなパターンを知ることで問題の本質を正確に把握できるようになるため、適切な解決策を見つけることが容易になります。

2. プログラムの品質が向上する

アンチパターンを理解することにより、開発者は慣れている問題を回避することができます。その結果、プログラムの品質が向上し、効率的で信頼性の高いものになるでしょう。

3. チーム内でのコミュニケーションをスムーズになる

アンチパターンの知識を共有することで、チームメンバー間の認識が統一されます。この共通の認識により、ミスの回避や効果的なフィードバックが可能となり、全体の開発プロセスがスムーズに進行するのがメリットです。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

アンチパターンのデメリット

プログラミングに関係する専門用語であるアンチパターンのデメリットは、以下の通りです。

1. コードの保守性が低下する

アンチパターンを取り入れたコードは、継続的な変更やメンテナンスが難しくなることがあります。これは、コードが不必要に複雑になったり、明確な設計の欠如によるものです。結果として、バグを修正するコストや新機能を追加する際の工数が増加することがあります。

2. パフォーマンスが低下することです。

アンチパターンによってパフォーマンスが低下することがあります。アンチパターンが使用されると処理速度が低下するため、システムの応答時間が遅くなることが原因です。

3. チーム開発で問題が発生する

アンチパターンがコードベースに混入することで、チームのメンバー間での理解やコミュニケーションが困難になることがあります。特に、アンチパターンについての共通の認識がない場合、コードの品質が均一でなくなり開発の生産性や品質に影響を及ぼす可能性があります。

アンチパターンの例

プログラミングに関係する専門用語であるアンチパターンの例は、以下の通りです。

1. マジックナンバー

プログラム内に数値として直接埋め込まれている値をマジックナンバーと呼びます。これはプログラムの可読性を低下させ、保守性を損なうアンチパターンです。

2. ゴーストコード

不要なコードやコメントアウトされたコードをゴーストコードと呼びます。これらのコードは保守性を低下させ、バグの温床となるため、削除することが望ましいです。

3. 複雑な条件分岐

複雑な条件分岐を行うプログラムは、理解や保守に時間がかかる上に、バグの発生リスクが高くなります。そのため、シンプルな条件分岐にリファクタリングすることが望ましいです。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する