仕様書とは?意味をわかりやすく解説

仕様書とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


仕様書とは

プログラミングに関係する専門用語である仕様書は、ソフトウェアやシステム開発におけるプロジェクトの「設計図」のようなものです。

仕様書には、何を作るのか、どのような機能が必要であるか、どのような制約条件があるのかを具体的に記述します。

これにはシステムの概念的な説明だけでなく、機能要件やユーザーインターフェースの設計、データ構造などの多くの詳細情報が含まれます。

また、仕様書は開発チーム内での共通の理解を促進し、顧客やユーザーとのコミュニケーションを助けるためのツールとしても活用可能。

開発のプロセス全体を通じてプロジェクトの目標と進行状況を明確にし、問題や誤解を未然に防ぐ役割を果たします。

仕様書でできること

仕様書でできることは以下の通りです。

開発者間のコミュニケーションの円滑化

仕様書は、開発者間のコミュニケーションを円滑にするために作成されます。開発者が同じ情報を共有し、一貫性のある開発が可能です。

要件の明確化

仕様書には開発に必要な要件が明確に記載されています。開発者がプログラムを開発する際には、この仕様書に従って開発を進めることが可能です。

エラーの発見と修正の容易化

仕様書には想定される動作や入力値、出力値などが明確に記載されています。そのため、プログラムのエラーを発見し、修正することが容易になります。

仕様書の学習・勉強方法

仕様書の学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

目的を明確にする

仕様書はプログラムの設計書であり、システム開発において不可欠なドキュメントです。学習・勉強をするにあたり、まずは仕様書の目的を理解することが重要です。何のためにその仕様書が作られたのかを明確にすることで、その後の学習がスムーズに進むでしょう。

書籍やオンラインリソースの利用

プロジェクトマネジメントやシステム設計についての書籍、またはオンラインの学習リソースを読み、研究することで、実際に仕様書を作成する方法を学ぶことができます。

実践を重視すること

仕様書には実際のプログラム作成に必要な情報が詰まっています。そのため、学習するだけでなく実践的な活用を意識することが大切です。自分でプログラムを作成して仕様書の理解を深めることで、より実践的な知識を身に付けることができます。

仕様書のメリット

仕様書のメリットは以下の通りです。

コードの保守性が向上する

仕様書にはプログラムの仕様や動作条件、入出力データなどが明確に記載されています。これによってプログラムの保守性が向上し、将来的な変更や修正が容易になります。

プログラムの品質が向上する

仕様書には開発目標や品質要件が記載されているため、プログラムがこれらの要件を満たしているかをチェックできます。また、テストケースの作成に役立ち、プログラムの品質を向上させます。

コミュニケーションコストを削減できる

仕様書にはプログラムの仕様や要件が明確に記載されているため、開発者同士のコミュニケーションが円滑になります。また、顧客や利用者とのコミュニケーションに関しても、仕様書を参照することでスムーズに行えます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

仕様書のデメリット

仕様書のデメリットは以下の通りです。

作成に時間と手間がかかる

仕様書は開発前にシステムの仕様を明確にするために必要ですが、作成から完成までに時間と手間がかかります。

変更に対応しづらい

仕様書はシステムの仕様を明確にするために作成されますが、仕様が変更された場合には仕様書の修正が必要となります。しかし、仕様書は一度作成すると修正が難しいというデメリットがあります。

技術的な専門知識が必要

仕様書はシステムの仕様を明確にするために作成されますが、その作成には技術的な専門知識が必要です。このため、専門的な知識がない人が作成する場合には、正確性が保証されないところがデメリットです。

仕様書の例

仕様書の例は以下の通りです。

要件定義書

プロジェクトに必要な要件をまとめた書類であり、開発に必要な全体像を示すものです。

設計書

システムやアプリケーションの設計に必要な情報をまとめた書類であり、開発者が実装する際の設計指針を示すものです。

テスト仕様書

開発されたシステムやアプリケーションが正しく機能するかどうかを確認するためのテスト計画をまとめた書類であり、テストの範囲や方法を示すものです。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する