プログラミングの比較演算子とは?意味をわかりやすく解説

プログラミングの比較演算子とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


比較演算子とは

プログラミングに関係する専門用語である比較演算子とは、二つの値を比較する際に使用する記号のことです。

例えば、等しいかどうかを比較する場合は「==」、大きいかどうかを比較する場合は「>」などが比較演算子になります。

プログラム内で条件分岐ループ処理などに用いられ、正確な条件判断をするために欠かせない要素です。

比較演算子をうまく使いこなすことで、より複雑なプログラムを作成することができます。

比較演算子でできること

比較演算子でできることは以下の通りです。

値の大小を比較できる

比較演算子を用いることで、数値データ型や文字列データ型などの値の大小を比較できます。たとえば、「1 < 2」のように記述することで、1が2よりも小さいことを判定できます。

等しさを判定できる

比較演算子を用いることで、値が等しいかどうかを判定できます。たとえば、「a == b」のように記述することで、変数aと変数bの値が等しいかどうかを判定できるのが特徴です。

論理演算に利用できる

比較演算子は、論理演算にも利用することができます。たとえば、「x > 0 && x < 10」のように記述することで、変数xの値が0より大きくかつ10より小さいかどうかを判定できます。

比較演算子の学習・勉強方法

比較演算子の学習・勉強方法は以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

比較演算子の基礎を理解する

比較演算子とは、プログラムにおいて2つの値を比較するために用いられる演算子です。主にif文やwhile文などの制御構文で利用されます。比較演算子には、以下のような種類があります。

  • 「==」:等しい
  • 「!=」:等しくない
  • 「>」:より大きい
  • 「<」:より小さい
  • 「>=」:以上
  • 「<=」:以下

比較演算子の使い方

比較演算子を使用する場合は、演算子の両側に比較したい値を置きます。たとえば、「x > y」の場合は、xがyより大きい場合にtrueを返します。また、複数の比較演算子を使用する場合は、演算子の優先順位に注意する必要があります。通常は、比較演算子は算術演算子よりも先に評価されます。

比較演算子のメリット

比較演算子のメリットは以下の通りです。

条件分岐が可能になる

比較演算子を使用することで、ある値が特定の条件を満たすかどうかを判定できます。たとえば、「xが10より大きい場合には、ある処理を実行する」というように、条件分岐に利用できます。

データのソートが容易になる

比較演算子はデータを比較するために利用されることが多く、データのソートが簡単になります。たとえば、配列の中の数値を昇順に並べ替える場合、比較演算子を用いて大小関係を比較して入れ替えることが可能です。

範囲の指定が容易になる

比較演算子を使用することで、ある値が特定の範囲内に含まれるかどうかを判定できるのがメリットです。これは条件分岐やフィルタリングなどの場面で役立ちます。たとえば、ある数値が特定の範囲に収まっているかどうかを判定する場合に比較演算子を使用できます。

比較演算子のデメリット

比較演算子のデメリットは以下の通りです。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

意図しない結果が返ってくることがある

比較演算子は、プログラマが意図した条件を満たすかどうかを判定するために使用されます。しかし、比較演算子の使い方によっては、意図しない結果が返ってくることがあります。たとえば、「==」と「===」の違いがあるように、比較演算子の種類によって判定方法が異なるため注意が必要です。

可読性が低下することがある

比較演算子を多用すると、コードが読みにくくなることがあります。特に、複雑な条件式を組み立てる場合には、比較演算子だけでなく論理演算子も使用する必要があるため、コードの可読性が低下することがあります。そのため、可読性の高いコードを書くためには、比較演算子の使い方にも注意が必要です。

比較演算子の例

比較演算子の例は以下の通りです。

等しいかどうかを比較する演算子

等しいかどうかを比較するためには、「==」を使用します。例えば、「a == b」という式は、aとbが等しい場合にtrue(真)を返します。

より大きいかどうかを比較する演算子

より大きいかどうかを比較するためには、「>」を使用します。例えば、「a > b」という式は、aがbよりも大きい場合にtrueを返します。

より小さいかどうかを比較する演算子

より小さいかどうかを比較するためには、「<」を使用します。例えば、「a < b」という式は、aがbよりも小さい場合にtrueを返します。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する