Puppeteerが「WebDriver BiDi」へ対応、Firefox含む多ブラウザのサポートを強化

Puppeteerが「WebDriver BiDi」へ対応、Firefox含む多ブラウザのサポートを強化

公開: 更新:


「Puppeteer」の進化と「WebDriver BiDi」対応の意義

Puppeteer」は、Node.jsで動作するヘッドレスブラウザテスト自動化フレームワークである。

これまで主にChromiumベースのWebブラウザに対応しており、Chrome DevTools Protocolを通じてブラウザ操作の自動化を実現していた。

最近、[1]「Puppeteer」は「WebDriver BiDi」への対応を開始したと発表。この対応は、テスト自動化のための次世代標準規格である。

「WebDriver BiDi」は、現行の「WebDriver」の機能拡張版として、より高度な自動化機能を提供。

この対応により、「Puppeteer」はFirefoxのサポートも本格化し、クロスブラウザ対応を強化することになる。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

「WebDriver BiDi」の特徴と展望

「WebDriver BiDi」は双方向通信を可能とすることで、テスト自動化に新たな可能性をもたらす。

従来の「WebDriver」では実現できなかった、低レイヤのAPIへのアクセスやレンダリング完了のタイミング把握が可能になる。

「Chrome DevTools Protocol」の利点を活かしつつ、さらに多くのWebブラウザで利用可能になる点が大きな進歩だ。

現在、Chrome、Microsoft Edge、Firefoxなど主要ブラウザが「WebDriver BiDi」の対応を進めている。

この標準化により、Webアプリケーションのテスト自動化はより効率的かつ広範囲にわたるものになると期待される。

References

  1. ^ Puppeteer. 「Experimental WebDriver BiDi support | Puppeteer」. https://pptr.dev/webdriver-bidi, (参照 24-01-15).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する