Microsoft DesignerのRestyle Imageで写真をアーティスティックに変身、ソーシャルメディアや教育でも活用

Microsoft DesignerのRestyle Imageで写真をアーティスティックに変身、ソーシャルメディアや教育でも活用

公開: 更新:


【時間がない人向け】記事の3行要約

  • Microsoft DesignerのRestyle Image機能で写真をスタイリッシュに変換可能に
  • ポップアート、フラットイラスト、ペーパークラフトなど様々なスタイルから選択
  • ユニークなアバターやソーシャルメディア投稿、ブログ画像などの作成に最適

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

Microsoft Designerに写真をアーティスティックに変身させるRestyle Image機能が登場

Microsoft Designerは2024年6月19日、画像を様々なスタイルに変換できる新機能「Restyle Image」のリリースを発表した。この機能により、ユーザーは写真をポップアート、フラットイラスト、ペーパークラフトなど多彩なスタイルに簡単に変身させることが可能だ。[1]

Restyle Imageの使い方は非常にシンプルだ。Microsoft Designerにサインインし、変換したい写真をアップロードするだけでよい。後はお気に入りのスタイルを選択し、必要に応じてカスタマイズの説明を入力するだけで、AIが自動的にスタイルを適用してくれる。

この新機能は、ソーシャルメディアのプロフィール画像やアイコン、ブログやウェブサイトのグラフィックなど、様々な用途での活用が見込まれる。統一感のあるビジュアルを簡単に作成できるため、オンラインでの個人のブランディングにも効果的だ。

教育現場でも活躍が期待されるRestyle Imageの可能性

Restyle Imageの使い道はエンターテイメント目的だけにとどまらない。教育の現場でも大きな可能性を秘めているのだ。オンラインコースや授業で使用する資料のビジュアルを、Restyle Imageで統一感のあるスタイルに変換することで、学習者の興味や関心を引き付けやすくなる。

特に、文字の多い説明資料や地味なスライドは、学習者の集中力を維持するのが難しい。そこにRestyle Imageで変換したユニークなグラフィックを取り入れれば、学習内容への印象づけや理解度の向上が期待できるだろう。難解なトピックも視覚的に魅力的に見せることで、学習へのハードルを下げる効果もある。

教育者にとっても、Restyle Imageは授業準備の時間と手間を大幅に削減してくれる。従来はグラフィックデザインのスキルがなければ、魅力的な資料作成は容易ではなかった。しかしRestyle Imageなら、誰でも簡単にプロフェッショナルな見栄えの画像を生成できるのだ。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

trends編集部「K」の一言

Restyle Imageの登場は、画像加工やビジュアルコンテンツ作成の敷居をぐっと下げるものだ。プロ並みのデザインスキルがなくても、誰でも印象的なグラフィックを手軽に生成できるようになる。個人クリエイターやスモールビジネスにとって、大きな追い風になるだろう。

しかし一方で、Restyle Imageに頼りすぎるのは危険かもしれない。AIによる画像変換はあくまで既存のスタイルの模倣に過ぎず、独自性や新規性に欠ける。過度に使用すれば、かえって個性が失われ、平凡なビジュアルになってしまう恐れがあるからだ。

Restyle Imageは便利なツールではあるが、万能ではない。オリジナリティを追求するなら、やはり人間のクリエイティビティが不可欠だ。AIを上手に活用しつつ、独自の感性を大切にすることが、これからのビジュアルコンテンツ作成に求められる。Restyle Imageに頼りきるのではなく、AIと人間の創造性の best of both worldsを目指したい。

また、Restyle Imageで変換された画像の著作権の扱いにも注意が必要だ。もとの写真の権利関係によっては、AIによる変換も許諾が必要なケースがある。安易に公開・使用すると、思わぬトラブルに巻き込まれるおそれもある。利用規約をしっかり確認し、権利関係にシビアになることが大切だろう。

References

  1. ^ Microsoft 365 Insider. 「Transform photos with Restyle Image in Microsoft Designer」. https://insider.microsoft365.com/en-us/blog/transform-photos-with-restyle-image-in-microsoft-designer, (参照 24-06-20).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する