GlassWireがAndroidアプリを全面無料化、ファイアウォールなどの機能を無償提供へ

GlassWireがAndroidアプリを全面無料化、ファイアウォールなどの機能を無償提供へ

公開: 更新:


【時間がない人向け】記事の3行要約

  • GlassWireがAndroidアプリの全機能を無料化
  • ファイアウォール、帯域幅モニタリング、データプラン管理などが無料で利用可能に
  • セキュリティとプライバシー保護をより多くのユーザーに提供することが目的

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

GlassWireのAndroidアプリが全面無料化、プライバシー保護の強化へ

ネットワークモニタリングツールを提供するGlassWireは2024年4月、同社のAndroidアプリについて大幅なアップデートを発表。従来は無料版と有料版に分かれていたが、今回のアップデートにより全ての機能が無料で利用できるようになった。これによりユーザーは追加コストなしでアプリのインターネット接続を監視・制御するファイアウォール機能、リアルタイムの帯域幅使用量の確認、データ通信量の管理などが可能になる。[1]

GlassWireはこの決定について、セキュリティとプライバシー保護のツールをより多くの人々に提供することが目的だと説明している。スマートフォンの普及に伴い、モバイルデバイスを狙ったサイバー攻撃は増加の一途を辿っているが、サードパーティ製のセキュリティアプリの導入は必ずしも一般的ではない。機能の無料化により、セキュリティ意識の高くないユーザー層にもリーチできるようになるだろう。

アプリの新バージョンではファイアウォールによるアプリ単位のネットワークアクセス制御、リアルタイムおよび累積の帯域幅使用量のモニタリング、データプランに応じたアラート設定など、従来の有料版の機能が全て利用可能だ。また、新たにインストールしたアプリの検知とネットワークアクセス時の通知機能も追加され、不審なアプリ活動の察知がしやすくなっている。

GlassWireによるデータ通信の「見える化」が無償に

これまでGlassWireのAndroidアプリは無料版と有料版が存在し、ファイアウォールなど一部の機能は有料版でのみ利用可能だった。無料化により、スマートフォンユーザーは追加コストなくアプリのネットワーク挙動を監視し、プライバシーリスクを管理できるようになる。専門的な知識がなくても直感的に利用できるUIも、ユーザーの導入ハードルを下げることに繋がるはずだ。

無償のセキュリティツールの充実は、スマートフォンユーザー全体のセキュリティ意識の底上げに資するものと言える。GlassWireのようなツールを通じてアプリのデータ通信の「見える化」が進めば、プライバシーに対する関心も高まっていくだろう。結果として、怪しいアプリの排除やセキュリティ設定の最適化など、ユーザー自身による能動的なリスク対策の促進が期待できる。

一方で、ツールの提供だけでなくユーザー教育の重要性も忘れてはならない。データの読み取り方やリスクの判断については、ある程度の知識が不可欠だ。GlassWireには監視結果の解釈やリスクの評価、対策方法など、ユーザーが自立したセキュリティ対策を行えるようサポートしていくことも求められるだろう。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

trends編集部「K」の一言

GlassWireのAndroidアプリの全面無料化は、モバイルセキュリティの民主化とも言える取り組みだろう。アプリのネットワーク挙動を監視しプライバシー保護を実現するツールが無償で提供されることで、スマートフォンユーザー層全体のリスク管理能力の向上が期待できる。これまで高いセキュリティ意識の無かったユーザー層にリーチすることが出来るため、従来のリスク対策の盲点を減らすことに繋がるだろう。ツールの利用に加え、ユーザー自身がセキュリティリテラシーを高める必要があることも強調したい。

モバイルの脅威は増大の一途であり、企業の管理下に無いBYODのリスクも深刻化している。エンドポイントにおけるセキュリティの確保は、もはや企業任せでは不十分だ。個人一人一人がデバイスのセキュリティ管理者としての役割を担い、ツールを上手く活用しながら能動的に脅威に立ち向かうことが求められる。使いやすく無償のツールの登場は、そうした意識変革を後押しするものとなるだろう。

同時に、ツールを開発・提供するベンダー側にも、ユーザーのセキュリティ意識を高めるための働きかけが必要とされるだろう。高度な機能を提供するだけでは不十分で、ユーザーの理解度に合わせたUI/UXの最適化、継続的な教育コンテンツの発信、コミュニティを通じた知見共有の促進など、様々なアプローチでエンパワーメントを支援することが重要だ。技術的なイノベーションとユーザーのリテラシー向上が相まって、真のセキュリティ基盤強化が実現するのではないだろうか。

GlassWireの取り組みはそうしたユーザー目線でのセキュリティの民主化と自立したユーザー作りという、新たなモバイルセキュリティのあり方を示唆しているように思う。ツールに加えて意識や知識を武器に、個人一人一人が当事者として主体的にサイバー脅威に立ち向かう。そういった社会の実現に向けて、GlassWireの一歩が呼び水となることを期待したい。ユーザーのエンパワーメントを通じて、ポストパンデミック時代の分散化したエンドポイントセキュリティのグランドデザインを描いていくことを考えていくことが重要だろう。

References

  1. ^ GlassWire. 「Our Android App is Now Entirely Free! - GlassWire Blog」. https://www.glasswire.com/blog/2024/04/17/free-android-app/, (参照 24-04-23).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する