画像やテキストから動画を生成できるAI「Haiper」の使い方|具体的な手順を実際の画像で詳しく解説

画像やテキストから動画を生成できるAI「Haiper」の使い方|具体的な手順を実際の画像で詳しく解説

公開: 更新:
だーだい
フリーランスWebライター兼Web製作者。Webライターとしてガジェットメディアやプログラミングに関する記事を執筆する傍ら、LP制作とWordPressの改修案件もこなしつつ、活動しています。 profile


Haiperとは

HaiperとはAI技術を活用し、テキストベースのプロンプトや画像から高品質な動画を生成できるサービスです。Haiper公式YouTubeにて生成できる動画の一例を確認できます。

上記のように実際の人物画と遜色ない動画を生成可能。SNSでも話題となっています。

なかには複数のAIツールと組み合わせてオリジナル動画を作っている人もいるようです。Haiperの使い方次第ではプライベートからビジネスまで、さまざまなシーンに影響を与えそうですね。

また、Haiperは現在ベータ版として公開していることもあり無料で利用可能。コストをかけず手軽に利用できるのが魅力です。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

Haiperでできること

Haiperでできることは下記の通りです。

  • テキストベースのプロンプトから動画を生成できる
  • 独自の画像をアップロードし、プロンプトによって動画やアニメーションを作成できる
  • テキストプロンプトを使用してビデオのスタイルや色などを変更できる

また、ワンクリックでビデオの再生時間を延長する機能が近日公開とのことです。現状だとHaiperで作れる動画の長さは2秒までと短いので、動画よりもアニメーションという側面が強いと言えます。

Haiperの使い方

はじめにHaiperの公式ページへアクセスしてください。

Haiperの公式URL:https://haiper.ai/

Haiperより

トップページの中心にある「Try for free」ボタンをクリックします。

Haiperより

アカウント認証画面が表示されます。「Discord」か「Google」アカウントを使って認証を進めて下さい。

Haiperより

上記のように利用用途に関する質問が続きます。

Haiperより

質問が終わるとHaiperの操作画面が表示されます。画面上部に動画の生成手段が並んでいるので、利用したい方法をクリックして下部のプロンプト入力欄へ詳細を記載します。

今回はテキストから動画を作る「Create Video With Text(テキスト付きビデオの作成) 」をクリックし「3匹の柴犬を散歩している動画」というプロンプトで実行しました。その結果が下記の通りです。

映像の画質自体は高そうですが、プロンプトがシンプルすぎることもあってあまり動きのない動画ができました。このように意図した動画をプロンプトで表現できない場合、トップページにある参考動画のプロンプトを参考にするのが有効です。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

Haiperが提供するプロンプトを参考にする方法

Haiperより

画面左のサイドバーから「Explore」をクリックすると、Haiperの参考動画が複数表示されます。その中から作りたい動画に近い動きや画質の動画をクリックしてみましょう。

Haiperより

すると、動画を作る際に実行されたプロンプトが画面右側へ表示されます。参考動画のプロンプトを見ることで、動画を生成する際の指定方法や表現方法について理解できます。

上記画像に記載されたプロンプトを参考に、下記のように作り直して実行してみました。

かわいい小さな、非常に小さい 5 センチメートルのふわふわした柴犬が周りを見渡してワンと鳴く、非常に詳細な高解像度の画像、(((ジブリ スタイル)))、千と千尋の神隠し、ハウルの動く城、夢のようなカラー パレット、

実行結果

動画に反映されていないプロンプトもありますが、以前の柴犬よりも自然な動きを実現できていることがわかります。

このようにプロンプト次第で動画の質が大きく変わるので、Haiperが公開している動画のプロンプトを参考にすることがおすすめです。

画像を動かしてみる

Haiperより

「Explore」画面の上部にある「Animate Your Image(画像をアニメーション化する)」では、アップロードした画像を動画として動かすことが可能です。

写真ACより

今回はフリー素材サイト「写真AC」で取得した上記の画像をアップロードし、「オンラインミーティングで談笑している動画を作って下さい。」というプロンプトを実行してみました。その結果が下記の通りです。

人の動きは問題ありませんが、背景で謎の動物?機械?がはしゃいでるのが気になりますね。

Haiperより

生成した動画を修正したい場合、動画生成画面の右上にある「Vary Prompt」をクリックすることでプロンプトを変更できます。

また、「Explore」画面の上部にある「Repaint Your Video」を選ぶことで、アップロードした動画をプロンプトベースで編集することも可能です。

ライターのヒトコト

Haiperで作る動画やアニメーションはプロンプト次第で品質が大きく変わるようです。高品質な動画やアニメーションを作るには、Haiperが公開している動画のプロンプトを参考にすることがおすすめです。

Haiperに適したプロンプトを扱えるようになることで、一定レベル以上の動画を生成できるのではないかと感じました。

また、SNSの投稿でもあったように画像に特化したAIや音楽を生成できるAIと組み合わせることで、さまざまな形の動画コンテンツを作成可能。現在はベータ版ということもあり、今後の発展が期待できるAIツールのひとつです。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する