ChromeOS/Android日本語環境改善、IPAmj明朝フォント・変体仮名フォント対応で多様性促進

ChromeOS/Android日本語環境改善、IPAmj明朝フォント・変体仮名フォント対応で多様性促進

公開: 更新:


【時間がない人向け】記事の3行要約

  • ChromeOSのシステムフォントとしてIPAmj明朝フォントが追加され、人名の異体字表記などに対応
  • Google Noto Fonts シリーズに変体仮名フォントが追加リリースされ、Android オープンソースプロジェクト(AOSP)にも追加
  • Google 日本語入力の変換辞書が改善され、ニュースでの新語や多くの名字に対応した

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

ChromeOS 123でIPAmj明朝フォントが日本語環境のシステムフォントに

ChromeOSのバージョン123において、IPAmj明朝フォントが日本語環境のシステムフォントとして追加された。IPAmj明朝フォントは人名の表記等で細かな字形の差異を特別に使い分ける必要のある業務等での活用を想定した、約6 万字を収録したフォントだ。

地方公共団体情報システムの標準化に関する法律により、自治体の情報システムの標準化が義務付けられる中、外字から IPAmj明朝フォントで使用される文字コードへの移行作業が進められている。ChromeOSへのIPAmj明朝フォントの導入は、こうした動きに対応するための取り組みの一環と言える。

IPAmj明朝フォントのインストールと表示設定は、ChromeOSの設定画面から行える。また、ChromebookではIPAmj明朝フォントを使用したWord文書やExcelファイルの表示・編集も可能だ。

Google、変体仮名フォント「Noto Serif 変体仮名」をリリース

Google Noto Fonts シリーズに、Noto Serif変体仮名フォントが追加リリースされた。変体仮名は平安時代の文学や和歌、看板などで見られるひらがなの異体字だ。

このフォントは、Android オープンソースプロジェクト(AOSP)にも追加されている。これによりAndroidアプリでもNoto Serif 変体仮名フォントを利用できるようになった。

Noto Serif変体仮名フォントの追加は、日本の伝統的な書体の継承と普及に寄与するものと期待される。同時にアプリやWebサイトのデザインの幅を広げる新たな選択肢を提供するものでもある。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

Google 日本語入力の変換辞書が改善、新語や名字に対応

Google 日本語入力の変換辞書が改善され、ニュースで使われている新しい言葉や多くの名字に対応するようになった。今回のアップデートではデータベースの拡充により、これまで変換できなかった多くの名字が新たに変換できるようになっている。

「粟戸(あわと)さん、木場崎(きばざき)さん、国府島(こうじま)さん」などが、今回追加された名字の一例だ。こうした名字の読み方は一般的ではないため、従来の変換辞書では対応が難しかったが、データベースの強化により正しく変換できるようになった。

変換辞書の改善は、日本語入力の利便性向上に直結する重要な取り組みだ。特に人名や地名など、正確な表記が求められる場面での入力がスムーズになることは大きなメリットと言える。Google日本語入力の変換精度のさらなる向上に期待したい。

trends編集部「K」の一言

ChromeOS、Google Workspace、Androidにおける日本語環境の改善は、言語処理技術とフォント技術の粋を集めた取り組みだ。しかし、日本語の多様性に完全に対応するには、さらなる課題が残されている。例えば、IPAmj明朝フォントには約6万字が収録されているが、異体字や変体仮名のすべてをカバーしているわけではない。より網羅的なフォントの開発、それを支える文字コードの整備が求められる。

また、日本語入力の変換精度の向上は喫緊の課題だ。AIを活用した変換エンジンの高度化やユーザー個人の入力履歴を学習する適応型の言語モデルの導入など、さまざまなアプローチが考えられる。さらに方言や専門用語、新語などへの対応力を高めることも重要だ。ローカライズの難しさを克服し、日本語のあらゆる変種に柔軟に対応できる入力システムの実現が望まれる。

加えて、アクセシビリティの観点からは音声入力や手書き入力など、キーボード以外の入力手段の強化も検討すべきだろう。また、高齢者や障がい者など、デジタルリテラシーが十分でないユーザーへの配慮も欠かせない。使い勝手を追求するだけでなく、だれもが利用しやすいUIUXのデザインが求められるだろう。

References

  1. ^ Google Cloud. 「ChromeOS、Android における日本語環境の改善 vol.2 | Google Cloud 公式ブログ」. https://cloud.google.com/blog/ja/products/gcp/improvement-of-japanese-environment-on-chromeos-and-android/, (参照 24-04-03).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する