Google Chrome、3つの脆弱性を修正し最新版123.0.6312.105/.106/.107が利用可能に

Google Chrome、3つの脆弱性を修正し最新版123.0.6312.105/.106/.107が利用可能に

公開: 更新:


【時間がない人向け】記事の3行要約

  • Google、Stable Channelで123.0.6312.105/.106/.107へのアップデートをリリース
  • 外部研究者の報告による3つのセキュリティ修正を含む
  • V8とBookmarksに関する脆弱性に対処し、セキュリティ研究者との連携を強化

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

Google Chrome Stable Channel、脆弱性を修正し123.0.6312.105/.106/.107にアップデート

Googleは2024年4月2日、Google Chrome Stable Channelを123.0.6312.105/.106/.107にアップデートした。このアップデートはWindowsとMac向けに提供され、今後数日から数週間かけて段階的に展開される。

今回のアップデートには3つのセキュリティ修正が含まれている。これらの修正は主に外部の研究者からの報告に基づくもので、V8やBookmarksに存在した脆弱性に対処するものだ。特にV8の不適切な実装とBookmarksのuse after freeは深刻度が高く評価されている。

Googleはセキュリティ研究者との連携を重視しており、開発サイクルを通じて新たな脆弱性が安定版に到達しないよう尽力している。今回の修正もそうした取り組みの成果と言えるだろう。ユーザーには可能な限り早期のアップデート適用が推奨される。

V8とBookmarksの脆弱性に対処、外部研究者の貢献に感謝

V8における不適切な実装の脆弱性(CVE-2024-3156)は、Zhenghang Xiao氏によって報告された。同氏には7,000ドルの賞金が贈呈される。一方、Bookmarksのuse after free(CVE-2024-3158)はundoingfish氏の発見によるもので、3,000ドルの賞金対象となった。

V8に関するもう1つの脆弱性(CVE-2024-3159)は、Pwn2Own 2024を通じてEdouard Bochin氏とTao Yan氏によって報告された。同脆弱性はメモリ境界外アクセスにつながるもので、深刻な影響が懸念される。Googleはセキュリティイベントへの参加者からの貢献にも謝意を示している。

オープンソースWebブラウザであるChromeのセキュリティ向上には、内外の専門家との協力が不可欠だ。Googleは今後もセキュリティコミュニティとの連携を強化し、ユーザー保護に全力を尽くすことを表明した。脆弱性の早期発見と修正を通じ、インターネットのより安全な未来の実現を目指す。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

trends編集部「K」の一言

今回のChrome Stable Channelアップデートでは、V8やBookmarksの脆弱性が修正されたが、ブラウザエンジンの複雑化に伴い、今後も同様の問題が発生する可能性は十分にある。特にメモリ破壊や不正コード実行につながるようなハイリスクの脆弱性については、迅速な対処が求められる。

Chromeの安全性を維持するには、脆弱性の早期発見と修正を可能にする体制の強化が不可欠だ。自動化されたファジングやメモリ安全性の向上など、プラットフォームレベルでのセキュリティ対策に加え、外部の専門家との連携をさらに深めることが肝要となるだろう。バグバウンティプログラムの拡充やセキュリティイベントへの積極的な関与は、その一助になると期待される。

また、パッチの迅速な適用を促すための施策も検討に値する。自動アップデート機能の改善やエンタープライズ管理者向けのガイダンス整備など、ユーザーとシステム管理者双方に働きかけるアプローチが有効だろう。グローバルに展開するWebブラウザとして、言語や地域性の違いを超えたセキュリティ啓発活動にも注力すべきだ。

References

  1. ^ Chrome Releases. 「 Chrome Releases: Stable Channel Update for Desktop 」. https://chromereleases.googleblog.com/2024/04/stable-channel-update-for-desktop.html, (参照 24-04-03).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する