Pythonのquit関数とexit関数の違いをわかりやすく解説

Pythonのquit関数とexit関数の違いをわかりやすく解説

公開: 更新:

Pythonには、プログラムを終了させる「quit関数」と「exit関数」が存在しますが、機能的にはほぼ同じです。

主に対話型のPythonシェルでの使用が一般的で、スクリプトの中でプログラムを終了させるために使われるのですが、quit関数とexit関数には多少の違いがあります。



Pythonの「quit関数」と「exit関数」の主な違い

quit関数はPythonの組み込み関数ではなく、siteモジュールによって提供されている関数なので、「siteモジュールがインポートされていない場合」や「-SオプションでPythonが起動された場合」は利用できません。

一方、exit関数はosモジュールの一部でプロセスの終了ステータスを返せるので、exit関数を呼び出す際に引数を指定すると、その引数が終了ステータスとしてOSに返されます。

上記を踏まえると、スクリプトの中ではsys.exit関数の使用が推奨されており、Pythonの組み込みモジュールであるsysモジュールが提供されている為、いつでも安全にスクリプトを終了させることができます。

また、sys.exitは引数をとることが出来るので、その引数がOSに返されると終了ステータスになります。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

「Python」を学べるコードキャンプのサービス

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する