【Python】display関数の基本的な使い方や画像を表示させる方法を解説

【Python】display関数の基本的な使い方や画像を表示させる方法を解説

公開: 更新:


Pythonのdisplay関数の基本的な使い方

【サンプルコード】
from IPython.display import display
data = {"名前": "山田太郎", "年齢": 30, "職業": "エンジニア"}
display(data)
【実行結果】
{'名前': '山田太郎', '年齢': 30, '職業': 'エンジニア'}

1行目のfrom IPython.display import displayは、IPythonライブラリからdisplay関数をインポートしています。IPythonは、Pythonのインタラクティブシェルの一つで、より使いやすく拡張されたものです。このdisplay関数は、様々な形式のデータを綺麗に表示するために用いられます。

2行目ではdataという名前の変数を定義し、辞書型のデータを割り当てています。辞書型はキーと値のペアでデータを格納するデータ構造で、ここでは「名前」、「年齢」、「職業」という3つのキーがあります。

3行目のdisplay(data)は、先に定義したdata変数を引数としてdisplay関数を呼び出しています。このコードを実行すると、辞書型のデータが整形されて出力されます。

display関数は特にJupyter Notebookなどの環境で役立ち、データの視覚的な確認を容易にします。

「Python」を学べるコードキャンプのサービス

IPythonのdisplay関数で画像を表示する方法

【サンプルコード】
from IPython.display import Image, display
display(Image('path/to/image.jpg'))
【実行結果】
[画像が表示される]

最初の行でImageクラスとdisplay関数をIPythonライブラリからインポートしています。Imageクラスは、画像ファイルを扱うためのクラスです。

2行目のdisplay(Image('path/to/image.jpg'))では、Imageクラスを使って画像ファイルを読み込み、それをdisplay関数で表示しています。'path/to/image.jpg'は画像ファイルのパスを表しており、実際には適切なファイルパスに置き換える必要があります。

この方法を使えば、Jupyter Notebookなどで画像データを直接表示することができます。特にデータ分析機械学習の分野で視覚化が重要な場合に有効です。

IPythonのdisplay関数を使ったインタラクティブな出力

【サンプルコード】
from IPython.display import display
from ipywidgets import interact
def f(x):
return x * 2
interact(f, x=10)
【実行結果】
インタラクティブなスライダーが表示される

1行目と2行目で、必要なモジュールをインポートしています。interactはipywidgetsライブラリの機能の一つで、インタラクティブなウィジェットを作成します。

3行目から5行目では、fという名前の関数を定義しています。この関数は引数xを取り、その2倍の値を返します。

最後の行のinteract(f, x=10)は、f関数に対してインタラクティブなスライダーを提供します。スライダーを動かすと、その値がf関数の引数として渡され、結果がリアルタイムで表示されます。

この機能は、パラメータの変更が結果にどのように影響するかを視覚的に確認するのに役立ちます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する