可変長数値表現とは?意味をわかりやすく解説

可変長数値表現とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


可変長数値表現とは

プログラミングに関係する専門用語である可変長数値表現は、数値を効率的にエンコードする方法の一つです。

1バイトの中で、7ビットは数値情報を持ち、残る1ビットは次のバイトが続くかの情報を示します。

この方式により、数値の大きさに応じて適切なバイト数でエンコードすることが可能となります。

この表現方法は、データの圧縮や伝送の際に有効で、MIDIファイルのような場面で時間や音量の情報をコンパクトに表現するために使用されます。

可変長数値表現でできること

可変長数値表現で出来る事は、以下の通りです。

1. データ量の節約

可変長数値表現は、小さい数値は少ないビット数で大きい数値は多くのビット数で表現されるため、データの大きさに応じて最適なビット数を使用できます。これにより、データ量を節約することが可能です。

2. 可変長のデータの扱いが容易

数値の大きさに応じてビット数が変わるため、さまざまな大きさのデータを効率的に扱うことができます。

3. 圧縮技術との相性が良い

可変長数値表現は、データの冗長性を減少させるための手段として、圧縮技術と組み合わせて使用されることがあります。ただし、これ自体が圧縮アルゴリズムではありません。

可変長数値表現の学習・勉強方法

プログラミングに関係する専門用語である可変長数値表現の学習・勉強方法は、以下の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

1. 基礎知識を深める

可変長数値表現は、数値の大きさに応じて適切なビット数でその数値をエンコードする方法です。この概念の背景やなぜ固定長とは異なるのか、そのメリットとデメリットを理解することが重要です。

2. さまざまな可変長数値表現方式を学ぶ

VLQ(Variable Length Quantity)は可変長数値表現のひとつの方法です。また、Huffman符号などの可変長符号化技術も学ぶことで、データ圧縮の背景や技術をより深く理解することができます。

3. 実際にプログラムを書いてみる

理論だけでなく、実際にプログラムを書いてみることで、可変長数値表現の実装やその挙動を体感することができます。特定の数値を可変長でエンコード・デコードするシンプルなプログラムから始めると良いでしょう。

可変長数値表現のメリット

プログラミングに関係する専門用語である可変長数値表現のメリットは、以下の通りです。

1. メモリの効率的な利用

可変長数値表現は、数値の大きさに応じてビット数を調整することができるため、小さい数値は少ないビット数で表現できます。これにより、メモリの効率的な利用が可能となります。

2. データ伝送量の削減

可変長数値表現を使用することで、データの圧縮が可能となり、ネットワーク通信時のデータ伝送量を削減することができます。特に、頻繁にデータのやり取りが行われる場面での利点となります。

以上が、可変長数値表現の主なメリットです。プログラミングにおいては、メモリや通信量の最適化が求められることが多いため、可変長数値表現をうまく活用することで、より効率的なプログラムを作ることができます。

可変長数値表現のデメリット

プログラミングに関係する専門用語である可変長数値表現のデメリットは、以下の通りです。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

1. 処理の複雑さ

可変長数値表現のデータを扱う際、固定長数値表現に比べてデコードやエンコードの処理が複雑になることがあります。これにより、演算速度が低下する可能性があります。

2. 予測困難なメモリ使用量

可変長数値表現は、データの性質によっては固定長数値表現よりも多くのメモリを使用する場合があります。これにより、メモリの効率的な管理が困難になることがあります。

3. 特定の実装における精度の問題

特定の圧縮技術や実装方法によっては、数値の精度が低下する可能性があります。しかし、可変長数値表現自体は数値の精度を低下させるものではありません。

以上が、可変長数値表現のデメリットです。プログラミングにおいてどのような数値表現方法を使用するかは、プログラムの性能や精度に大きく影響するため適切に選択する必要があります。

可変長数値表現の例

プログラミングに関係する専門用語である可変長数値表現の例は、以下の通りです。

1. VLQ (Variable-Length Quantity)

VLQは可変長数値表現の一例で、特にMIDIデータなどで使用されます。数値の大きさに応じて必要なバイト数が変わるため、小さい数値は少ないバイト数で表現できます。

2. デルタ符号化と可変長エンコード

デルタ符号化は、前後の値の差分を符号化する手法です。この差分を可変長数値表現でエンコードすることで、効率的なデータ圧縮が可能になります。

3. ハフマン符号化

ハフマン符号化は、データの圧縮に広く用いられる手法の一つです。可変長数値表現を使用して頻繁に出現するデータに短いビット列を、まれに出現するデータには長いビット列を割り当てることで、圧縮率を高めることができます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する