Microsoft、2024年4月に新Microsoft 365とOffice 365を発表、Teamsは別売りに

Microsoft、2024年4月に新Microsoft 365とOffice 365を発表、Teamsは別売りに

公開: 更新:


【時間がない人向け】記事の3行要約

  • Microsoftが2024年4月1日に新しいMicrosoft 365とOffice 365のスイートを発表
  • 新しいスイートはTeamsを含まず、Teamsは別途スタンドアロンで提供される
  • 既存のEnterprise SKUの新規販売は終了し、新しいスイートへの移行が必要に

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

Microsoft 365とOffice 365の新スイート発表、Teamsは別売りに

Microsoftは2024年4月1日、EEAとスイス以外の地域で新しいMicrosoft 365とOffice 365のスイートを導入すると発表した。この新しいラインナップではTeamsが含まれておらず、Enterpriseユーザー向けに新たなスタンドアロンのTeams SKUが提供される。

新しいスイートは既存のものと同じ名称に「(no Teams)」が付けられる。Microsoft 365 E3/E5、Office 365 E1/E3/E5、Microsoft 365 Business Premium/Standard/Basic、Microsoft 365 F1/F3、Office 365 F3などが対象だ。一方、SMBとフロントラインスイートについては、Teamsを含むものとそうでないものが併存する。

この変更によりEEAとスイス以外の地域では、Teamsを含むOffice 365 E1/E3/E5とMicrosoft 365 E3/E5の新規販売が終了する。新規のEnterprise顧客がTeamsを使用したい場合、Microsoft Teams EnterpriseとTeamsを含まないMicrosoft 365またはOffice 365のスイートの両方を購入する必要がある。

既存の顧客は現在のプランの使用、更新、アップグレード、ライセンス追加を継続できる。新しいラインナップに切り替えたい場合は、契約更新時に行うことができる。パートナーFAQでは既存のCSP顧客がパートナーを切り替えたい場合のシナリオについても説明されている。

この変更について詳しく知るにはライセンスページの記事、パートナーポータルのFAQとガイダンス資料、トレーニングビデオを参照すると良い。価格や提供開始日、アップグレード、移行、変換などについて不明な点があれば、パートナーセンターでサポートリクエストを作成することもできる。

Teamsのスタンドアロン提供で、ライセンス体系はどう変わる?

今回の変更は、Uの懸念に対応して、EEAとスイスで導入されたアプローチを世界全体に拡大するものであり、一貫したライセンス体系によって顧客の混乱を減らし意思決定を合理化することを目的としている。ただし、SMBとフロントラインスイートについては、Teamsの有無を選択できるようになる。

Teamsのスタンドアロン提供はより柔軟な選択肢を顧客に提供する一方で、ライセンス体系の複雑化にもつながる。特にEnterprise顧客は必要なスイートとTeamsを別々に購入しなければならず、コスト管理の負荷が増すだろう。また、既存のライセンスからの移行プロセスにも注意が必要だ。

パートナーにとっても、顧客のニーズに合わせたライセンスの組み合わせを提案するのがより難しくなる。各スイートの機能やTeamsとの連携による付加価値を十分に理解し、顧客に適切なガイダンスを提供することが求められる。

今後Microsoftには分かりやすい料金体系と移行プロセスの整備が期待される。必要に応じて個別の機能を選択できるようにするなど、さらなる柔軟性の向上も検討課題となるかもしれない。いずれにせよこの変更がもたらす影響は大きく、注意深いフォローが欠かせない。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

trends編集部「K」の一言

TeamsのスタンドアロンSKU提供は、Microsoft 365/Office 365のライセンス体系に大きな変化をもたらす。既存ユーザーの混乱を避けつつ、どのように円滑な移行を進められるかが課題になるだろう。分かりやすいガイダンスと柔軟な選択肢の提供が鍵を握る。

一方でTeamsの単体提供がコラボレーションツール市場の競争にどう影響するかにも注目したい。Slackなど他のツールとの差別化が難しくなる可能性がある。Teamsならではの機能強化やMicrosoft 365との連携による付加価値の訴求がますます重要になるだろう。

今後はユーザーにより、きめ細かいライセンスオプションが提供されることを期待したい。例えば、会議やチャット、ドキュメント共有などTeamsの各機能を個別に選べるようになれば、ユーザーはより自分たちのニーズに合ったツールを組み立てられるはずだ。

さらに、TeamsとMicrosoft 365の緊密な統合により、シームレスなコラボレーション環境の実現に期待もかかる。単なるライセンス変更にとどまらず、より使いやすく生産性の高いプラットフォームへと進化を遂げられるか。Microsoft の動向から目が離せない。

References

  1. ^ Microsoft. 「 Important Notice: Changes to Microsoft 365, Office 365, and Microsoft Teams licensing. - Microsoft Community Hub 」. https://techcommunity.microsoft.com/t5/partner-news/important-notice-changes-to-microsoft-365-office-365-and/ba-p/4100985, (参照 24-04-02).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する