ニューヨーク・タイムズ、マイクロソフトとOpenAIに著作権訴訟

ニューヨーク・タイムズ、マイクロソフトとOpenAIに著作権訴訟

公開: 更新:



Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

ニューヨーク タイムズ、マイクロソフトとOpenAIに著作権侵害で訴訟

米国の新聞社ニューヨーク タイムズ(NYT)が、マイクロソフトとOpenAIに対して著作権侵害による損害賠償を求める訴訟を提起した。NYTは、両社が同紙の知的財産権を侵害し、違法な複製と使用により数十億ドルの損害を与えたと主張している。

NYTは、生成AIツールが同紙の独立ジャーナリズムとコンテンツを使用し続けていると述べ、特にGPT-3をトレーニングするために同紙のドメインが広く使用されていると強調した。また、マイクロソフトとOpenAIの言語モデルがNYTのコンテンツを復唱し、スタイルを模倣して出力することで、同紙の収益源を奪っていると訴えている。

NYTは、OpenAIの生成AIがフェアユースの範囲を超えていると主張し、これが同紙のオーディエンスを奪う競合関係になると指摘している。一方、OpenAIの広報担当者リンジー ヘルド氏は、NYTとの対話を続けており、訴訟に対して驚きと失望を表明している。マイクロソフトはコメントを出していない。

訴訟では、6600万件以上の記事が使用され、マイクロソフトとOpenAIによる「ほぼ1世紀分に相当する著作権保護コンテンツ」の使用がNYTに重大な損害を与えたとされている。この訴訟の結果は、他のニュースメディアや著名な作家たちにも影響を及ぼす可能性がある。

OpenAIは、最近ドイツの大手メディア企業Axel Springerとの間でコンテンツ使用に関する契約を結び、Business InsiderおよびPoliticoとも契約を締結している。これらの動きは、今後の大規模言語モデルのコンテンツ提供契約に影響を与える可能性がある。

※AIによるファクトチェックなどを行っておりますが、情報に誤りがある場合はコメントよりご報告いただけますと幸いです。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する