3Dプリンター活用技術検定試験とは?意味をわかりやすく解説

3Dプリンター活用技術検定試験とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


3Dプリンター活用技術検定試験とは

3Dプリンター活用技術検定試験は、3Dプリンターの活用に関する知識や技術を評価するための試験です。この試験は3Dプリンターの操作や設定、3Dモデリングの基礎、材料やフィラメントの選定、出力品質の管理など、3Dプリンティングに関する幅広い領域をカバーしています。

この試験は、産業界や教育機関などで3Dプリンターを活用する技術者のスキル評価や資格取得の基準として利用されます。合格することで、3Dプリンティングに関する専門知識や実践的なスキルを証明することができます。

3Dプリンター活用技術検定試験の受験料

3Dプリンター活用技術検定試験の受験料は8,800円(税込)で、全国にある専用のCBT試験会場で実施できます。また、自校/自社の環境で受験できる「認定会場」で受講する場合、6,600円(税込)で受験可能です。

参考:3Dプリンター活用技術検定試験公式サイト

3Dプリンター活用技術検定試験の取得難易度と合格率

3Dプリンター活用技術検定試験の合格基準と合格率は下記の通りです。

3Dプリンター活用技術検定試験は、総合7割以上の正解率が合格基準となっています。また、各資格の主な情報をデータベース化した「JQOS.jp」によると、過去の合格率は80%を越えており、資格の中では比較的難易度が低いと考えられます。詳細は下記の通りです。

  • 2018年の合格率:89.8%
  • 2017年の合格率:86.9%
参考:JQOS.jp

3Dプリンター活用技術検定試験を取得するメリット


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

技術力の証明

3Dプリンター活用技術検定試験を取得することで、自身の技術力を証明することができます。

資格を持っているということは、一定の知識や技術を持っていることを第三者が認定した証明書とも言えます。したがって、試験を合格することで自身の技術力を確認するだけでなく、他人に対してもそれを明示できるのがメリットです。

特に、新しい技術領域である3Dプリンティングでは、このような資格があると自身のスキルを評価してもらいやすくなります。

就職 転職活動の強み

3Dプリンター活用技術検定試験の取得は、就職や転職活動において強みのひとつとして活用できます。

3Dプリンティングは製造業だけでなく、建築、医療、芸術などさまざまな分野で活用されています。特に、3Dプリンティングに携わる業界へで働きたいと考えている人であれば、資格を持つことで採用側に自分の技術力を証明できるので大きなアドバンテージとなるのがメリットです。

3Dプリンティング市場への理解

3Dプリンター活用技術検定試験を通じて、3Dプリンティングの市場や業界動向への理解を深められるのもメリットのひとつです。

3Dプリンティングは、製品の設計から製造までのプロセスを大きく変革するポテンシャルを持っています。そのため、本資格を取得する家庭でその最新の技術動向や市場状況を把握できます。

3Dプリンター活用技術検定試験を取得するための効率的な勉強方法

過去問題の活用

効率的な勉強方法のひとつとして、過去問題の活用があります。過去問題を解くことで、試験で求められる知識や技術の範囲を把握し、自分がどの部分を重点的に学習すべきか見つけることができます。

また、実際の試験環境を再現することで時間管理の練習にもなり、総合的なスキルを上げることも可能です。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

実際の機器操作

3Dプリンター活用技術検定試験では、実際の機器操作の知識が問われることもあります。

そのため、単に理論を学ぶだけでなく実際に3Dプリンターを操作し、実践的な経験を積むことも有効な学習方法です。具体的な製品設計やプリント設定など、実践を通じて得られる知識は非常に価値があります。

可能であれば、3Dプリンターを設置している場所を訪れて直接操作する機会を作るとよいでしょう。

オンライン学習教材

最後に、オンラインの学習教材の活用も効率的な学習方法として推奨されます。

さまざまなWebサイトやオンラインコースでは、3Dプリンティングの基礎から応用までを学べる教材を提供しています。自分のペースで学べるため、忙しい方にも最適です。

また、動画教材を見ることで実際の操作の様子を視覚的に把握でき、理解度を深めるのに役立ちます。

3Dプリンター活用技術検定試験の取得で目指せる職業

3Dプリンターエンジニア

3Dプリンター活用技術検定試験を取得することで目指せる職業のひとつが、3Dプリンターエンジニアです。

3Dプリンターエンジニアは、3Dプリンターの設計、メンテナンス、操作を担当します。そのため、3Dプリンティングの知識と技術が求められます。

この分野では新たな技術が次々に生まれており、その最前線で働くことはエンジニアとしてのスキルを高める絶好の機会です。

製品設計者

3Dプリンティングを用いると、複雑な形状の製品も設計 製造できるので、新たな製品開発において大きな役割を担います。

設計者としては、3Dモデリングソフトウェアの操作スキルだけでなく、製造工程や材料特性などについての知識も必要となります。そのため、3Dプリンター活用技術検定で得た知識を活かして働くことが可能です。

企業の3Dプリンター導入担当者

企業の3Dプリンター導入担当者は、企業内で3Dプリンターを導入し、活用するための責任を持つ担当者です。企業のニーズや目標に基づいて3Dプリンターの導入計画や戦略を策定し、実際の導入プロセスを管理します。

企業の3Dプリンター導入担当者は、技術的な知識やプロジェクト管理能力、コミュニケーションスキルが求められます。また、3Dプリンターの技術動向や業界のトレンドにも精通しており、新たな活用方法や機会を探求する役割も担っています。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する