Pythonのシングルクォートとダブルクォートの違いをわかりやすく解説

Pythonのシングルクォートとダブルクォートの違いをわかりやすく解説

公開: 更新:

基本的にPythonでは、シングルクォートとダブルクォートは同じように扱われ、どちらも文字列を表すための記号として機能します。

例を挙げると、以下2つのコードは同じ動作になります。

シングルクォートで文字列を定義s1 = 'Hello, Python!'
ダブルクォートで文字列を定義s2 = "Hello, Python!"

完全に同じ動作をするので、「どちらを使用するか」はコーディングスタイルや好みに依存します。

しかし、文字列内にクォートを含む場合は、シングルクォートとダブルクォートの違いが非常に重要です。

例えば、文字列内にシングルクォートを含む場合はダブルクォートで囲んだ方がわかりやすく、エスケープシーケンスを使用せずにクォートを文字列に含めることができます。

文字列内にシングルクォートを含む場合s = "It's a beautiful day!"print(s)
結果は "It's a beautiful day!"

上記と同様に、文字列内にダブルクォートを含む場合は、シングルクォートで囲むとわかりやすいです。

文字列内にダブルクォートを含む場合s = 'He said, "Hello, Python!"'print(s)
結果は 'He said, "Hello, Python!"'

シングルクォートとダブルクォートは同じ文字列を表す機能ですが、文脈によって柔軟に使い分けることが出来るため、ケースバイケースで最適なクォートを使う事をおすすめします。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

「Python」を学べるコードキャンプのサービス

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する