【Python】float型の桁数を指定して出力する方法

【Python】float型の桁数を指定して出力する方法

公開: 更新:


format関数を使用して桁数を指定する方法

【サンプルコード】
number = 123.456789
formatted_number = "{:.3f}".format(number)
print(formatted_number)
【実行結果】
123.457

上記のサンプルコードでは、まずnumberという変数を作成しており、この変数には「123.456789」という浮動小数点数を割り当てています。

浮動小数点数とは小数点を含む数値のことで、Pythonではこのタイプの数値をfloat型と呼びます。

次にformat関数を使用しています。この関数は数値や文字列の形式を指定するのに便利です。

ここでは"{:.3f}"という文字列を用いて、3桁の小数点以下の精度でnumberを表示するよう指定しています。「.3f」は、小数点以下3桁までの浮動小数点数を表す書式指定です。

その結果、formatted_number変数には「123.457」という値が割り当てられます。

最後にprint関数を使用して、formatted_number変数の値を画面に出力しています。

「Python」を学べるコードキャンプのサービス

round関数を使用して桁数を四捨五入する方法

【サンプルコード】
number = 123.456789
rounded_number = round(number, 2)
print(rounded_number)
【実行結果】
123.46

上記のサンプルコードでは同じくnumber変数を使用しており、この変数には「123.456789」という浮動小数点数を割り当てています。

round関数は数値を四捨五入するための関数で、この関数には2つの引数を指定します。第一引数は元となる数値、第二引数は小数点以下で表示する桁数です。

この例ではround(number, 2)と記述されており、numberの値を小数点以下2桁にするよう指定しています。

結果として、rounded_number変数には「123.46」という値が割り当てられます。

print関数を使用してrounded_numberを出力すると、小数点以下3位が四捨五入された値が表示されます。このround関数を用いることで、簡単に数値を指定の桁数で四捨五入することができます。

小数点以下の桁数を算出する方法

【サンプルコード】
number = 123.456789
str_number = str(number)
decimal_part = str_number.split('.')[1]
length_decimal = len(decimal_part)
print(length_decimal)
【実行結果】
6

上記のサンプルコードではnumberという変数に浮動小数点数を割り当ており、この数値をstr関数で文字列に変換しstr_number変数に保存します。

次にsplit関数を使用して、小数点で数値を2つの部分に分割します。この時にsplit('.')[1]とすることで、小数点以下の部分だけを取り出せます。

取り出された小数点以下の部分はdecimal_part変数に保存されます。

そしてlen関数を使って、decimal_partの長さ、つまり小数点以下の桁数を算出します。この長さはlength_decimal変数に保存され、最後にprint関数で出力されます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する