ランディングページとは?意味をわかりやすく解説

ランディングページとは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


ランディングページとは

ランディングページとは、特定の目的を達成するために作成されたWebページのことを指します。

例えば、商品を販売するためのページやキャンペーンの参加フォームを設置したページなどがランディングページに該当します。

ランディングページは、訪問者がページに到達した際に特定のアクションを取ることを促すデザインやコンテンツが用意されており、効果的なコンバージョンを実現するために最適化されているのが特徴です。

ランディングページでできること

ランディングページでできることは下記の通りです。

1. 製品やサービスのアピール

ランディングページで製品やサービスの特徴や魅力を分かりやすく伝えることで、訪問者の興味を引きつけてコンバージョン率を高めることができます。

2. メールマーケティングのリンク先に最適

ランディングページはメールマーケティングのリンク先としても有効です。メール本文とランディングページのコンテンツをリンクさせることで、ユーザーが製品やサービスに興味を持ち、コンバージョンに繋がる可能性が高まります。

3. キャンペーンの集客ページとして利用可能

キャンペーンに合わせてランディングページを作成し、SNS広告などでアクセスを集めることで、コンバージョン率を高めることができます。

ランディングページは製品やサービスを宣伝するために欠かせない存在です。アピールや集客に最適な場所であるため、コンバージョン率の向上が期待できます。

ランディングページの学習・勉強方法

ランディングページの学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

1. ランディングページの構成を理解する

ランディングページはWebサイトの中でも、特定のコンバージョンを促すために設計されます。大まかな設計内容は、ヘッダー・フッター・コンテンツ・コールトゥアクションなどの要素が含まれます。ランディングページを作成する上で、構成要素を理解することは必要不可欠になります。

2. よいランディングページの例を参考にする

よいランディングページの例を見ることで、どのようにしてユーザーがコンバージョンに至るのか、どのようにして魅力的なコンテンツを作成するのかを学ぶことができます。ほかにも、有名企業のランディングページや競合他社のページを見比べて、自分のページを改善するアイデアを得ることも有効です。

3. 制作ツールを使って実際に作ってみる

ランディングページを作成するためにはHTMLCSSなどの技術が必要ですが、初心者でも簡単に作成できるツールがあります。例えば「Landingi」や「Instapage」などのツールは、ドラッグ&ドロップで簡単にランディングページを作成できます。ツールを使って実際にランディングページを作ってみることで、理論だけでは得られない実践的な知識を得ることができます。

ランディングページのメリット

ランディングページのメリットは下記の通りです。

1. 集客効果が高い

ランディングページは特定のターゲットを対象としたページであり、より的確な情報を提供できるのが特徴。訪問者の関心を引きつけ、コンバージョン率を高められることがメリットです。

2. 広告運用に適している

ランディングページは特定の目的に向けて設計されたページです。そのため、広告運用に適したページを設計することで、広告クリックからコンバージョンに至るまでの流れをスムーズにできます。

3. ユーザー行動の把握がしやすい

ランディングページは、アクセス解析ツールを導入することで訪問者の行動を追跡できます。また、訪問者が行う特定のアクション(例:製品の購入、メールアドレスの入力、お問い合わせフォームの送信など)をもとに、ユーザーの行動を把握しやすくなります。訪問者の行動を分析することで改善すべきポイントを把握し、コンバージョン率の向上につなげることができます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

ランディングページのデメリット

ランディングページのデメリットは下記の通りです。

1. 離脱率が高い

ランディングページに訪れたユーザーは目的の情報や商品を見つけられなかった場合、すぐに離脱してしまうことが多いです。そのため、ユーザーが求めている情報や商品をわかりやすく提示することが重要です。

2. ユーザーの行動が制限される

ランディングページは特定の行動を促すためにデザインされているので、ユーザーはその行動以外のことをできないのがデメリット。ランディングページ以外の情報を探せないことが離脱率を高める原因にもなります。

ランディングページの例

ランディングページの利用例は下記の通りです。

1. プロモーションページ

プロモーションページとは、新製品やサービスの紹介を目的としたランディングページの一種です。魅力的なビジュアルや簡潔な説明文を用いることで、訪問者の興味を引きつけます。

2. メールマガジンの登録ページ

ユーザーにメールマガジンの登録を促すページとしてランディングページを使うことも有効。シンプルなデザインで簡単に登録できるフォームを設置することがポイントです。

3. イベント告知ページ

イベント告知ページは、イベントの詳細情報を掲載するランディングページの一種です。日程や場所、参加方法など必要な情報を分かりやすく伝えることが重要です。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する