テスト設計とは?意味をわかりやすく解説

テスト設計とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


テスト設計とは

テスト設計とは、ソフトウェアの品質を確保するために、テストの計画や方法を立てることです。

具体的には、テストケースの作成や実行、不具合の発見と修正のプロセスを設計することが含まれます。

テスト設計は開発段階から品質を担保するために欠かせない重要な作業であり、より効率的かつ網羅的なテストを実行できるように支援してくれます。

テスト設計でできること

テスト設計でできることは下記の通りです。

バグの早期発見

テスト設計することで、プログラムに潜むバグを早期に発見できます。どのような入力値を与えたときにプログラムが正しく動作するか、不正な入力値を与えた場合にどのようなエラーが発生するかを予想し、テストケースを作成できるのが特徴です。

効率的なテスト

テスト設計を行うことでテストケースを網羅的に作成できるため、テスト効率化につながります。また、テスト設計で必要なテストケースを作成することにより網羅性が高くなるので、テストの実行時間を短縮できます。

品質の向上

テスト設計することで、プログラムが仕様通りに動作するかを検証できます。また、テストケースを網羅的に作成することができるため、プログラムの品質を向上させることが可能です。

テスト設計の学習・勉強方法

テスト設計の学習・勉強方法は下記の通りです。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

基礎知識の習得

テスト設計を学ぶにあたって、まずは基礎知識を習得することが重要です。テスト設計の基礎知識とは、テストの目的やテストケースの作成方法、テストカバレッジなどです。

実践的な演習問題の解答

学んだ基礎知識を実践的に活用するために、演習問題の解答を行うことがおすすめです。テストケースの作成やテストカバレッジの計算など、実際に手を動かしながら学ぶことが大切です。

プログラムコードのリーディング

テスト設計を学ぶうえで、プログラムコードのリーディングが必要な場合があります。プログラムコードを読み解くことでテスト対象のプログラムの構造や振る舞いを理解し、効率的なテスト設計が可能になります。

テスト設計のメリット

テスト設計のメリットは下記の通りです。

テストの網羅性を高めることができる

テスト設計することでテストケースを網羅的に設計できるため、プログラムの全体像を把握することができます。その結果、不具合が発生する可能性が高い箇所を事前に特定できます。

テストコストを削減できる

テスト設計によって、必要なテストケースを最小限に絞り込むことができます。その結果、テストコストの削減につながります。

不具合の早期発見が可能

テストケースを網羅的に設計することで、プログラムの動作に不具合があった場合に早期発見できるのもメリットのひとつ。また、不具合の原因を特定しやすくなるため、修正にかかる時間も短縮できます。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

テスト設計のデメリット

テスト設計のデメリットは下記の通りです。

テスト設計に時間がかかる

テスト設計はテストの品質を高めるために必要な作業ですが、細かい部分まで考慮する必要があり、時間がかかる場合があります。

テスト設計の見直しが必要

アプリケーションの要件が変更された場合や新しい機能が追加された場合、テスト設計を見直す必要があります。見直しを怠るとテストが不十分になり、バグの混入や品質低下につながる可能性があります。

完全なテストは不可能

テスト設計で考えうるすべてのケースをカバーすることは不可能です。テストケース作成に対する時間やコストなどの制約があるため、完全にすべての可能性を網羅することは困難です。また、システムが複雑であればあるほど、すべてのケースをカバーすることは不可能に近くなります。

テスト設計の例

テスト設計の例は下記の通りです。

分岐網羅テスト

プログラム内のすべての分岐がテストされることで、すべての可能性を網羅するテスト手法です。プログラム中のすべての条件分岐文(if文、switch文など)をカバーすることを目的としています。
ただし、全ての分岐を網羅することはテストコストがかかるため、実際には限られたリソースの中でテストを行う必要があります。

条件網羅テスト

プログラム内の条件式に対して、真偽値が異なる可能性のあるすべての条件を網羅的にテストする手法です。条件網羅テストは条件式のすべての組み合わせをテストするため、分岐網羅テストよりも詳細なテストを行うことができます。

ペアワイズテスト

複数の入力パラメーターを持つシステムのテストに適した手法。全てのパラメーターの組み合わせをテストすることはせず、相互作用があるパラメーターの組み合わせをテストします。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する