GitHubの新SDK、OpenAPIとMicrosoft Kiotaによる効率的なAPIクライアント生成への移行

GitHubの新SDK、OpenAPIとMicrosoft Kiotaによる効率的なAPIクライアント生成への移行

公開: 更新:


GitHubの新SDK、OpenAPIとMicrosoft Kiotaを活用

GitHubは業界標準のOpenAPIに準拠したAPIクライアントを、[1]新しいSDKとして提供することを発表。

これまで「Octokit」というSDKを提供してきたGitHubだが、今後はMicrosoft Kiotaを使用し、OpenAPIに基づくAPIクライアントを生成する方針である。

OpenAPIは、RESTful APIの記述を標準化するために策定された「Open API Specification」に由来し、APIクライアントの自動生成を可能にする。

新たなSDKは、GitHub APIの仕様をOpenAPIで記述し、それを基にMicrosoft Kiotaで生成されるAPIクライアントを含む。

GitHubは、この動きを「Our move to generated SDKs」というブログで大きな転換点と位置づけ、コミュニティへのユーザーフレンドリーなツール提供を目指している。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

GitHubのAPI戦略変更、柔軟性と効率の向上

GitHubのこの戦略変更は、APIアップデートの即時反映が可能となる生成的アプローチに基づいている。

従来の手作業によるSDK開発から自動生成ツールを使用することで、柔軟性と開発効率が大幅に向上する見込みだ。

OpenAPIとMicrosoft Kiotaの活用により、GitHubはAPIのアップデートを迅速にSDKに反映させることが可能となる。

この変更により、開発者はGitHubの最新API機能をより迅速に利用できるようになるだろう。

GitHubはこの新しいアプローチによって、コミュニティの要求に応えるダイナミックで効率的なツール開発を目指している。

References

  1. ^ GitHub. 「Our move to generated SDKs - The GitHub Blog」. https://github.blog/2024-01-03-our-move-to-generated-sdks/, (参照 24-01-15).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する