MetaのtorchtuneライブラリがLlama3をサポート。AI微調整がさらに進化

MetaのtorchtuneライブラリがLlama3をサポート。AI微調整がさらに進化

公開: 更新:


本ニュースの3行解説

  • torchtuneは最新のリリースでLlama3モデル(8Bおよび70B)のサポートを正式に追加しました。
  • 単一のGPUから分散トレーニング環境まで、Llama3のための複数の微調整方法(LoRA、QLoRA、完全な微調整)が提供されています。
  • Llama3の微調整ではメモリ使用量を最適化し、異なるハードウェア設定で効率的に実行できるように設計されています。

Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

torchtuneバージョン2v0.1.1: Llama3のサポートとAIの可能性拡大

Metaのtorchtuneライブラリが新たなアップデート2v0.1.1をリリースしました。[1]このアップデートでは、Metaの大型AIモデルであるLlama3のサポートが正式に追加されています。

Llama3は大規模な微調整能力を持ち、最新のテクニックであるLoRAやQLoRAを使用して微調整が可能です。これにより開発者はさまざまなAIモデルのカスタマイズと改良がより容易になります。

torchtuneの新アップデートによるAI開発の未来への影響

本アップデートはAI研究と開発のアクセスを拡大し、開発者が高度なモデルを簡単に微調整できるようにすることでAIのイノベーションを加速します。Llama3のサポートによって大規模モデルの微調整が容易になり、より多様なアプリケーションへの適用が可能です。

Llama3のサポートが追加されたことでtorchtuneを使用する開発者は、より高性能で適応性の高いモデルを開発できるようになります。

これによりAI技術の応用範囲が広がり、新しいタイプのAIアプリケーションが登場する可能性が高まります。特に自然言語処理や画像処理といったデータ集約型の分野での革新が期待されます。

References

  1. ^ GitHub. 「pytorch/torchtune」. https://github.com/pytorch/torchtune, (参照 2024-04-22).

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する