CIW資格とは?意味をわかりやすく解説

CIW資格とは?意味をわかりやすく解説

公開: 更新:


CIW資格とは

CIW資格は「Certified Internet Web Professional」の略で、インターネットとWeb技術に関する広範な知識とスキルを証明する国際的な認定資格です。この資格は、基礎分野 デザイン分野 開発分野 セキュリティ分野の4種類に分かれており、各分野の基礎知識が求められます。

CIW資格は全世界70カ国以上で認知され、20万人以上のプロフェッショナルがこの資格を保有しています。そのため、CIW資格を取得することで、Webに関する専門知識と技術力が国際的に認められ、自身のキャリアを一段と引き立てることが可能です。

CIW資格の受験料

CIW資格の受験料は全試験共通で150ドルです。

参考:CIW「Taking a CIW Exam」

CIW資格の取得難易度と合格率

CIWの認定資格は、各分野の標準値である知識やスキルを問う試験なので、深い知識やスキルが要求されるわけではありません。そのため、受験する分野で働いている人にとっては、比較的低い難易度だと言えます。

しかし、各分野の幅広い基礎知識が求められるので、体系的に学習して試験に備えることがおすすめです。

CIW資格を取得するメリット

CIW資格を取得するメリットは下記の通りです。


Python基礎・実践(Django)

企業・法人向けのPython研修では、基礎から応用まで体系的に学べます。

Python研修の詳細

DX社員研修

企業・法人向けのDX研修では、実務に繋がるリスキリングでITレベルを向上させます。

DX研修の詳細

Javaエンジニア育成研修

企業・法人向けのJavaエンジニア育成研修では、Javaの基礎から応用まで確実に習得できます。

Java研修の詳細

新卒・新入社員向け研修

企業・法人に新入社員・新卒社員に向けたプログラミング研修を提供しています。

新入社員研修の詳細

コードキャンプのIT研修を全て見る

スキルアップと自己開発

CIW資格を取得することで一般的なITスキルだけでなく、Web開発やネットワーク管理など、特定の分野での専門知識を身につけることができます。新たなスキルの習得は自身の知識と経験を広げ、業務外での個人的なプロジェクトに役立つこともあります。

キャリアアップと就職活動

CIW資格は、就職活動において強力なアセットになることが多いです。CIWは業界で広く認知されている資格であり、雇用者に対してあなたが特定の技術を理解して実践できることを示す証拠となります。これは、新しい職を求める際や昇進を目指す際に有利です。

CIW資格を取得するための効率的な勉強方法

CIW資格を取得するための効率的な勉強方法は下記の通りです。

オンラインコースを利用する

CIW資格の勉強方法としては、オンラインコースを利用することがひとつの効率的な方法です。CIWは、資格取得を目指す人々のために多くの教材とオンラインリソースを提供しています。また、自己学習を行うことで自分のペースで学習することが可能です。

実際の問題を解く練習

試験の準備として、実際の試験問題を解く練習を行うことは非常に重要です。問題を解くことで試験形式に慣れ、試験で問われるスキルや知識の適用方法を理解できます。CIWの公式ウェブサイトでは、各資格試験の模擬試験が提供されています。

おすすめのPython研修一覧

Python研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Python研修の一覧を見る

おすすめのDX研修一覧

DX研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

DX研修の一覧を見る

おすすめのJava研修一覧

Java研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

Java研修の一覧を見る

おすすめのJavaScript研修一覧

JavaScript研修を提供しているおすすめの企業・法人を一覧で掲載しております。

JavaScript研修の一覧を見る

定期的なレビュー

学習の進捗を定期的にレビューし、自分自身の理解度を確認することも重要です。不明確な部分や弱点を特定して対策することで、苦手分野を克服することにつながります。

CIW資格の取得で目指せる職業

CIW資格の取得で目指せる職業は下記の通りです。

Webデザイナー

CIW資格を持つことで、Webデザイナーとしてのキャリアを追求することが可能です。Webデザイナーは、Webサイトの見た目と使いやすさを設計し、ユーザーエクスペリエンスを向上させる役割を果たします。

ITプロジェクトマネージャー

ITプロジェクトマネージャーとしての職業も視野に入れることができます。ITプロジェクトマネージャーは、ITプロジェクトの計画、実行、管理を担当し、プロジェクトが予算と期間内に目標を達成することを確保します。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、組織のコンピュータネットワークを設計、実装、維持します。これには、ハードウェアソフトウェアの問題のトラブルシューティングと解決も含まれます。

※上記コンテンツの内容やソースコードはAIで確認・デバッグしておりますが、間違いやエラー、脆弱性などがある場合は、コメントよりご報告いただけますと幸いです。

ITやプログラミングに関するコラム


ITやプログラミングに関するニュース

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する