Android版Chrome 121、WebGPUを標準化。2Dや3Dグラフィックスの描画を実現。

Android版Chrome 121、WebGPUを標準化。2Dや3Dグラフィックスの描画を実現。

公開: 更新:

Googleの最新の動きとして、Android版のChrome 121でWebGPUが標準で有効にされたことが注目されています。[1]従来のWebGLを引き継いでおり、JavaScriptを駆使して迅速に2Dや3Dグラフィックスを描画する能力を備えています。

特に、QualcommやARMのGPUを搭載したデバイスでの性能向上が期待されており、デスクトップ版のChromeではすでに導入されています。

WebGPUはWindowsのDirect 3D 12やmacOSのMetalと同様、ローカルマシンのGPUのポテンシャルを最大限に引き出す設計なのが特徴。高速なグラフィックスレンダリングや機械学習の処理が可能です。

この技術の導入により、モバイルデバイス上での高速な3Dグラフィックス描画やAI処理が実現できます。

モバイルの世界におけるグラフィックスとAIの新たな地平

GoogleによるAndroid版Chrome 121でのWebGPUのデフォルト有効化は、モバイルデバイスにおけるグラフィックスとAIアプリケーションの領域に革命をもたらす可能性を秘めています。

WebGPUは従来のWebGLを超える性能を持ち、Webブラウザを通じて2Dおよび3Dグラフィックスを迅速かつ高品質に描画することを実現します。

この技術はデバイスのGPUをフル活用することにより、従来のWebアプリケーションでは難しかった高度なグラフィックスレンダリングや機械学習処理を可能にします。

WebGPUは既に、Babylon.jsやThree.jsなどのグラフィックスライブラリ、TensorFlow.jsなどの機械学習ライブラリによって積極的に利用されています。

特にモバイルデバイスにおいては、従来のデスクトップレベルの3DゲームやAIアプリケーションをブラウザ上で実行することが可能です。

この進化によってモバイルユーザーは以前にないリッチでスピーディなWeb体験を得られます。

References

  1. ^ Chrome for Developers. 「What's New in WebGPU」. https://developer.chrome.com/blog/new-in-webgpu-121, (参照 2024-01-22).
ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する