在庫の棚卸業務をDXするには?課題や必要性、効果的なツールを紹介

在庫の棚卸業務をDXするには?課題や必要性、効果的なツールを紹介

公開: 更新:

在庫の棚卸業務をDXで効率化する必要性

在庫の棚卸におけるDX化は市場の迅速な変動に対応し、収益性の向上を図るために必要です。効率化によって時間とコストの削減が可能になり、従業品一人当たりの生産性向上につながります。

また、デジタルツールを用いて在庫の状態を管理することで在庫量を正確に把握したり、データを分析して今後の消費具合を予測したりすることも可能です。

さらにヒューマンエラーを減らすことで業務ミスの発生を抑制し、全体的な業務プロセスの改善に寄与します。

棚卸業務をDX化する際の課題

従来の在庫管理では紙やスプレッドシートで在庫データを記録・管理したり、定期的に物理的な棚卸を行い、商品を一つずつ数えて在庫を確認するのが主流でした。しかしこの手法は時間がかかり、効率的ではないという課題があります。

これらの課題を解決するために、新たなデジタルツールの導入やプロセスを再設計するDXが求められています。従来のマニュアル作業に依存していた企業にとっては、適切な技術の選定と従業員の研修が主要な課題となります。

棚卸などの在庫管理をDXするのに効果的なツール

棚卸などの在庫管理をDXするのに効果的なツールは下記の通りです。

  • 二次元コード
  • RFID技術の導入
  • クラウドベースの在庫管理ソフト
  • スマートフォンを活用したアプリ
  • 自動化カメラ

各内容について詳しく解説します。

二次元コード

二次元コードはバーコードよりも高度なデータ格納方法です。商品ラベルに印刷されており、一般的なバーコードよりも多くの情報を含むことができます。

たとえばQRコードを使用すると商品の詳細や在庫数、場所などを瞬時に読み取ることが可能です。これにより商品の追跡や在庫の確認が迅速かつ正確に行え、スムーズに棚卸できます。

RFID技術の導入

RFID技術は無線周波数を利用して、アイテムを識別し追跡するシステムです。商品に取り付けられた小さなタグが無線信号を用いて追跡され、商品の在庫数や移動をリアルタイムで自動追跡します。

手動でのスキャン作業が不要になるため、倉庫内の商品の場所や出入りの記録などが自動化されて労力を大幅に節約できるのが魅力です。

クラウドベースの在庫管理ソフト

クラウドベースの在庫管理ソフトウェアは、インターネット上で在庫データを管理するツールです。このソフトウェアを使用するとどこからでも在庫データへアクセスでき、場所を選ばずに在庫状況を確認できます。

外出先からでもスマートフォンやPCを使用して在庫情報をチェックすることが可能。必要に応じて注文や調整が可能になり、棚卸が柔軟かつ迅速になります。

スマートフォンを活用したアプリ

スマートフォン用の在庫管理アプリは、手軽な在庫管理を可能にするモバイルアプリケーションです。

デバイスのカメラを使用してバーコードや二次元コードを瞬時にスキャンし、在庫データをすぐに更新することが可能です。これにより追加のスキャン機器を使わず、スマートフォン一台で在庫を管理できます。

自動化カメラ

自動化カメラシステムは在庫の視覚的監視と追跡を自動化するための技術です。カメラが棚や在庫アイテムを監視し、商品の数や状態を自動で識別して記録します。

手作業での在庫確認が不要になることで時間を節約し、棚卸の誤りを減らします。さらに、盗難防止や異常検出のためのセキュリティ機能としても活用できます。

在庫の棚卸業務をDXするメリット

在庫の棚卸業務をDXすることは、人手不足の解消や効率化に大きなメリットをもたらします。

自動化技術の導入によって、従来人間が行っていた時間のかかる作業を機械によって効率的に処理できます。その結果、従業員をより重要な業務に再配置できるようになり、人手不足の問題を緩和できるのがメリットです。

また、棚卸業務をDX化することで効率化が図られます。デジタルツールの活用により手作業によるミスが減少し、作業プロセスがスピードアップします。

デジタルツールによってデータ駆動型の意思決定が可能になり、より正確かつ迅速に棚卸できるのが特徴。結果として業務全体の効率が向上し、経営の安定化にも貢献します。

在庫の棚卸業務をDXすることで改善できる課題

在庫の棚卸業務をDX化することで改善できる課題は下記の通りです。

在庫量の正確な把握 リアルタイムデータと自動化システムの導入により、在庫の正確な数値を常に把握することが可能。これにより過剰在庫や在庫不足の問題が減少し、コスト削減と効率化を実現できます。
在庫データの一致 デジタル化によって物理在庫とデータ上の在庫間の一致が向上します。システムが自動で在庫の動きを追跡し、常に最新の情報を反映することでデータの不一致を減らし、より正確に棚卸できます。
業務ミスの減少 自動化と精度の高いデータ管理により、手動入力時のエラーやミスが大幅に減少します。これにより棚卸をするプロセスの信頼性が向上し、全体的な業務の質を改善することが可能です。
情報共有の効率化 クラウドベースのシステムや統合されたデータプラットフォームを使用することで、情報共有が効率的になります。全スタッフがリアルタイムで同じデータにアクセスできるため、意思決定プロセスがスムーズになり業務効率が向上します。

在庫の棚卸業務をDXする際のポイント

在庫の棚卸業務をDX化するためには、まず適切なIT人材の確保と育成が重要です。新しいテクノロジーを扱うためには専門知識を持った人材が不可欠で、彼らのスキルアップがDXの成否を大きく左右します。

システムの構築にも注意が必要です。効率的な在庫管理システムの導入は業務の自動化と精度の向上に寄与します。しかし、システム選定のミスや不十分な導入プロセスは逆効果になる可能性があります。

また、社内での意識改革も重要なポイントのひとつ。従業員が新しいシステムやプロセスの重要性を理解し、積極的に取り組むことが求められます。そのためにも適切なトレーニングやサポート体制の構築が必要です。

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する