CloudflareがブラウザレンダリングAPIのGAとスニペットの展開を発表

CloudflareがブラウザレンダリングAPIのGAとスニペットの展開を発表

公開: 更新:

本ニュースの3行要約

  • ブラウザレンダリングAPIが有料プランで提供開始し、効率的なセッション管理機能が追加された。
  • Cloudflareスニペットが登場し、HTTPリクエスト・レスポンスの変更が容易になった。
  • スニペットの導入は段階的で、最初の5%のユーザーが先行して利用開始する。

CloudflareがブラウザレンダリングAPIの一般提供とスニペットの拡張を宣言

CloudflareはブラウザレンダリングAPIの一般提供開始(GA)・Cloudflareスニペット・SWRの展開・PaygoプランへのWorkers for Platformsの提供を発表しました。[1]

ブラウザレンダリングAPIが導入されることでヘッドレスブラウザをプログラムで制御することが可能。さらにPuppeteerライブラリとの互換性も備えています。

このAPIに新たに追加されたセッション管理機能は、パフォーマンスとコスト効率を大幅に向上させられます。同時にCloudflareはスニペットのアクセスを段階的に拡大しており、ユーザーはダッシュボードの新しいタブからこれらの機能を利用できるのが特徴です。

Cloudflareスニペットのアクセスは段階的に拡大され、ユーザーはダッシュボードの新しいタブで使用できるようになります。

Cloudflareの新しい技術導入: 進化するインターネットの未来

CloudflareのブラウザレンダリングAPIのGAとスニペットの拡張は、Web開発者に新たなツールと機能を提供します。

これらの技術は開発者がより高度なカスタマイズと効率的なWebアプリケーション構築を実現する手段を提供します。セッション管理機能の追加により、パフォーマンスの向上とコスト削減が期待できます。

この動きはインターネット技術の進化における重要なステップです。今後はより多くの開発者がCloudflareのプラットフォームを利用し、革新的なWebアプリケーションを構築することが予想されます。

この技術の採用が進むにつれて、より高速で使いやすいインターネットサービスが生まれる可能性があります。

References

  1. ^ The Cloudflare Blog. 「Browser Rendering API GA, rolling out Cloudflare Snippets, SWR, and bringing Workers for Platforms to all users」. https://blog.cloudflare.com/browser-rendering-api-ga-rolling-out-cloudflare-snippets-swr-and-bringing-workers-for-platforms-to-our-paygo-plans, (参照 2024-04-08).
ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

コードキャンプIT・プログラミング研修事例/現場により近いところにデジタルを根付かせるDX基礎講座研修|株式会社ブリヂストン - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア コードキャンプIT・プログラミング研修事例/業務の効率化・DX推進に向けたIT人材育成への第一歩|株式会社カナエ - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 企業・法人向けのIT・プログラミング研修 - ITやプログラミングを知って学べるコネクトメディア 中途採用者向けのIT・プログラミング研修 - IT・プログラミングを知って学べるコネクトメディア

新着記事

対象者別で探す

子供(小学生・中学生・高校生)向け
プログラミング教室検索する

子供(小学生・中学生・高校生)がロボットやプログラミング言語を学ぶことができるオフラインからオンラインスクールを検索、比較することが可能です。

子供(小学生・中学生・高校生)
プログラミング教室検索する

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する

日々、新しいITやプログラミング言語の情報が流れていきますが、特定の情報を時系列でニュースやコラムを確認することができます。

ITやプログラムなどの
最新情報を検索する